研究

東工大ニュース

Tokyo Tech-AYSEAS 2013 帰国報告会を開催

2013.10.29

10月25日(金)、Tokyo Tech-AYSEAS 2013 帰国報告会が開催されました。この帰国報告会では、9月にTokyo Tech-AYSEAS 2013でタイを訪問した東工大生16名が、プログラムの総まとめとして、英語によるプレゼンテーションを行い、タイ訪問で学んだ成果を発表しました。

Tokyo Tech-AYSEASでは、毎年東工大生が東南アジアの国に赴き、本学協定校である東南アジア各国トップの理工系大学の学生と共に、現地企業・政府機関等を訪問します。滞在中には、見学先で得た知識や与えられたトピックについてディスカッションをし、それを基に自分たちでテーマを決め、最終日にプレゼンテーションを行います。

今回の帰国報告会では、現地でのプレゼンテーションを、帰国後にもう一度見つめ直し、プログラム全体を通じての考察も盛り込み、更にバージョンアップさせたものをそれぞれ発表しました。

現地での海外学生とのディスカッションで英語力を磨いた学生たちは、最終プレゼンテーションも堂々と行い、違うグループの発表でも積極的に質問をするなど、プログラム参加前から大きく成長した姿が見られました。

発表後には、丸山俊夫理事・副学長(教育・国際担当)より、Tokyo Tech-AYSEAS 2013参加学生全員に修了証が授与されました。

また帰国報告会に引き続いて、懇親会が行われました。東工大蔵前工業会 本房文雄理事・事務局長や、事前学習の工場見学の際にお世話になった、株式会社ブリヂストン開発企画管理部・三縞久美様にもお越し頂き、終始和やかな雰囲気で、タイでの体験談や楽しかった思い出話に花を咲かせました