研究

東工大ニュース

アメリカンフットボール部、関東大学リーグ1部へ昇格決定

RSS

公開日:2013.12.10

東工大アメリカンフットボール部バッファローズが、創部以来念願の、関東大学アメリカフットボール連盟1部昇格を果たしました。

2013年度のシーズン、バッファローズは2部Bブロックを6勝1敗で優勝し、12月8日(日)アミノバイタルフィールドにおいて、関東学院大学との1部入替戦に挑みました。

1Q(第1クオーター)に相手にタッチダウンを許しましたが、3Qに同点に追いつき、4Qでは東工大が先にタッチダウンを奪って14-7。

ところが相手のタッチダウンパスで追いつかれます。引き分けの場合、入替になりません。つまりこの時点では負けと同じ状態だったわけです。

攻撃権が東工大に移ると、ランプレイ(アメリカンフットボールの戦法の一種)を連続して成功させてタッチダウンを奪い返し、21-14と再びリードしました。

相手は残り時間の少なくなった攻撃で、イチかバチかのロングパスによりタッチダウンを狙ってきます。パスが成功すれば相手の勝ち、失敗すれば東工大の勝ちというギリギリの状況です。観衆が息を飲んで見守る中、東工大のディフェンスが相手のレシーブを見事に防ぎました。

この時残り時間は5秒。大勢の応援団で 「5、4、3、2、1、0」とカウントダウンをし、勝利を喜び合いました。

顧問の須田和裕准教授(大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻)は、以下のようにコメントしています。 「入替戦出場3回目でやっと掴んだ勝利です。来年は1部で戦いますので、ぜひ応援に来てください。」

RSS