研究

東工大ニュース

「清華大学・邢 新会教授によるキャリア形成セミナー」開催報告

2014.01.31

大学の世界展開力強化事業では、1月23日から2月10日までの約2週間、清華大学・邢 新会教授 (TKT CAMPUS Asia Consortium清華大学責任者)を客員研究員として 本学に招聘しています。

邢教授には学生への修士論文指導、特別講義など、様々な活動を行っていただいています。1月28日(火)には、東工大の中国人留学生を対象として、キャリア形成セミナーが行われました。

セミナーでは「日本留学とキャリア発展」というテーマのもと、東工大の博士課程を経て日本と中国でキャリアを積んだ邢先生の体験談や研究に対する考え方などを、約1時間半にわたり中国語、時には日本語、英語を交えてお話いただきました。
参加した学生達は、自身の今後のキャリア形成とも重ね合わせながら興味深く聞き入っていました。

セミナーの最後には「夢を持つこと」「人格と能力を備えること」「工学者の使命を持つこと」など、邢教授から後輩たちへのメッセージが贈られました。

講演後の質疑応答では参加学生より以下のような質問がありました。

  • 邢教授が中国へ帰国する時に描いていた10年後のプランは現在の姿と合致しているか?
    邢教授 大きな方向では合致していると思う。

  • 我々のような若手がチームの一員として求められるものは?
    邢教授 協調性を持ってメンバーと協力しあいながら、自分の特徴を発揮しつつ、堅実に特色ある研究を行い、成果を挙げていくことこそ、若手研究者の大きな役割だと期待される。

東京工業大学は、文部科学省の実施する「大学の世界展開力強化事業」に2つのプログラムが採択されました。このうち「日中韓先進科学技術大学教育環」(TKT CAMPUS Asia Consortium)では、中国の清華大学、韓国のKAIST(韓国科学技術院)と共に、質の高い教育及び研究における協力の枠組みを構築し、卓越した科学技術の素養を持つグローバル人材の育成を目指しています。

お問い合わせ先
国際部留学生交流課事業推進グループ
Tel: 03-5734-2984
E-mail: campusasia@jim.titech.ac.jp