研究

東工大ニュース

河野行雄准教授がゴットフリード・ワグネル賞を受賞

RSS

2014.06.30

6月18日(水)、第6回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2014」授賞式が開催され、東京工業大学量子ナノエレクトロニクス研究センターの河野行雄准教授が秀賞を受賞しました。

受賞スピーチを行う河野准教授
受賞スピーチを行う河野准教授

本学の前身である東京職工学校でも教授をつとめたドイツ人科学者、ゴットフリード・ワグネルにちなんで名付けられたこの賞は、日本を研究開発の拠点として活動しているドイツのグローバル企業11社による2008年から始まったプロジェクトで、日本の若手研究者支援と科学技術振興、そして日独の産学連携ネットワーク構築を目的としています。

受賞理由 「ナノ領域におけるテラヘルツ波センシング・イメージング技術の開発」

共催企業代表からトロフィーと目録を受け取る河野准教授(左)
共催企業代表からトロフィーと目録を受け取る河野准教授(左)

授賞式集合写真 河野准教授(前列最左)
授賞式集合写真 河野准教授(前列最左)

RSS