研究

東工大ニュース

「東工大留学フェア2015」開催報告

RSS

公開日:2015.05.11

4月15日にすずかけ台キャンパス、4月22日に大岡山キャンパスで東工大留学フェアが開催されました。留学フェアは、東工大の多彩な国際交流プログラムや、留学経験者の生の声を紹介し、学生に留学のイメージをふくらませてもらうためのイベントです。外国政府を含む多くの学外団体や、留学経験者が一斉に集まり、留学を考えている学生のための一大イベントとなっています。

4月15日のすずかけ台キャンパスでは、60名以上の学生が参加し、先輩の体験談や各種留学プログラムの説明に熱心に耳を傾けていました。

すずかけホールでの全体説明では、大学院総合理工学研究科の末包哲也教授の挨拶、留学生交流課による各種留学プログラムの説明の後、カリフォルニア大学バークレー校に留学した磯野文香さん(大学院総合理工学研究科創造エネルギー専攻 博士1年)と、Tokyo Tech-AYSEAS(東工大・アジア理工系学生派遣交流プログラム)に参加した今井暁久さん(大学院総合理工学研究科環境理工学創造専攻 修士1年)が留学体験談を発表しました。発表の後に設置された個別相談ブースでは、参加者がプログラム担当者や留学経験者と直接話す機会を設けました。参加者からは「留学に関する考えが固まりました」「留学してみたい国が増えました」との声があり、留学をより具体的に考えるきっかけとなったようです。また、キャリアアドバイザーに留学と就職活動の兼ね合いについて相談できたことで、留学に対する不安が解消されたという感想もありました。

学生による留学体験談の発表

学生による留学体験談の発表

個別相談ブース

個別相談ブース

4月22日の大岡山キャンパスでは、学内団体に加え、外国政府等の学外団体の協力も得て開催され、約350名の学生が参加しました。

くらまえホールの全体説明では、大学院理工学研究科の奥山信一教授の挨拶、留学生交流課による各種留学プログラムの説明の後、メルボルン大学に留学した瀧戸健太郎さん(大学院理工学研究科土木工学専攻 修士2年)と、スイス連邦工科大学チューリッヒ校に留学した服部雅之さん(大学院理工学研究科建築学専攻 修士2年)が留学体験談を発表しました。また、英語運用能力試験に関する説明会も開催され、国際教育交換協議会の方からTOEFL(Test of English as a Foreign Language)、日本英語検定協会の方からIELTS(International English Language Testing System)の受験に関する説明がありました。

個別相談では、学外団体、外国語学習相談室、留学経験者、プログラム担当者等のブースを設置しました。海外派遣を含むプログラムのひとつ「グローバル理工人育成コース」のブースでは、個別相談と報告会を同時に開催し、見学者からは「グローバル人材になりたい!」といった感想もありました。各大使館ブースでは、留学を予定している学生が、ビザの取得手続きや留学後の現地での生活についてアドバイスを受けることもでき、貴重な機会になったようです。

職員による留学プログラムの説明

職員による留学プログラムの説明

プログラムごとに相談ブースが設置されました

プログラムごとに相談ブースが設置されました

終了時間を過ぎてもブースの人だかりは収まらず、学生達の留学への関心の高さがうかがえました。今後も東工大のサポートを受けて、多くの学生が世界に目を向けてくれることを期待しています。

留学に関する質問や相談は、随時留学生交流課(南6号館3階)で受け付けています。

問い合わせ先

国際部留学生交流課派遣担当

Email : hakenryugaku@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-7645

RSS