研究

東工大ニュース

TiROP海外留学募集説明会 開催報告

RSS

公開日:2015.07.15

6月17日・18日に、大岡山キャンパス南6号館にて、TiROP(タイロップ)による海外留学の募集説明会が開催されました。

エミリー・エヴァンスさん
エミリー・エヴァンスさん

TiROP(グローバル理工系リーダー養成協働ネットワーク)は、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」outerとして運営されている留学生の受入・派遣プログラムです。

このプログラムでは、アジア・欧米等の世界有数の理工系大学と本学が連携して、それら大学から留学生を受入れ、同時に東工大生を派遣します。学生交流を通じてネットワークを構築することで、大学の国際化を推進し、国際的な舞台で活躍できる人材の育成を目指しています。

説明会前半では、留学生交流課TiROP派遣担当職員が、本事業の概要並びに応募について説明を行いました。後半は、今夏TiROPサマープログラムで東工大に留学中の以下の学生をゲストスピーカーに迎え、欧米の大学や研究室、都市の特徴などについて話してもらいました。

  • エミリー・エヴァンスさん(カーネギーメロン大学/アメリカ)
  • ハンナ・フェルゲンさん(アーヘン工科大学/ドイツ)
  • ジェシカ・ロシュさん(カリフォルニア大学バークレー校/アメリカ)
  • フィリップ・ジャン・レミーさん(ウィスコンシン大学マディソン校/アメリカ)
ハンナ・フェルゲンさん

ハンナ・フェルゲンさん

たとえばハンナさんは、アーヘン工科大学には日本人留学生も利用できる奨学金や、東工大の留学生チューター制度※1にあたるような「BeBuddy Program」があり、安心して留学生活を送ることが出来ることなどを紹介しました。

※1
日本人学生がチューターとして、個別に外国人留学生の学習面・生活面をサポートする制度。
フィリップ・ジャン・レミーさん(左)、ジェシカ・ロシュさん(中央)

フィリップ・ジャン・レミーさん(左)、ジェシカ・ロシュさん(中央)

カリフォルニア大学バークレー校やウィスコンシン大学マディソン校は、東工大と授業料等不徴収協定※2を結んでおり、交換留学プログラムでの実績もあります。そのため、東工大生にも馴染みがある大学ですが、現地学生からの生の情報に触れることができたこの説明会は、参加した東工大生にとってとても良い機会となりました。参加した学生は、説明会終了後も留学生に個別に相談したり、情報を交換したりしていました。

※2
決められた人数内の学生をお互いに受入、派遣する際に、在籍大学に授業料を支払うことで、留学先大学での授業料・検定料等が免除される取り決め。

受入・派遣双方のプログラムである特長を生かし、TiROPでは留学前後に交流する機会が多く設けられています。今夏も来日中の留学生と様々な交流イベントが企画されています。

問い合わせ先

東京工業大学国際部留学生交流課
「大学の世界展開力強化事業」TiROP事務局

Email : tirop@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2984

RSS