研究

東工大ニュース

「第48回外国人研究者へのオリエンテーション及び外国人研究者等との懇談会」開催報告

RSS

公開日:2015.07.15

6月24日、外国人研究者へのオリエンテーション及び外国人研究者等との懇談会が東工大蔵前会館で開催されました。

外国人研究者との懇談会は、学長主催により本学で教育・研究に従事している外国人研究者を招き、本学の教員及び各国の研究者の親睦を深めることを目的として、平成3年12月4日より例年2回開催されているイベントで、第48回を迎えます。第39回(平成22年1月実施)からは、本学に関する理解を深める機会としてオリエンテーションも併せて実施しています。

三島学長によるオリエンテーション

三島学長によるオリエンテーション

今回の外国人研究者へのオリエンテーションでは、三島良直学長と丸山俊夫理事・副学長(教育・国際担当)が本学における教育、研究、国際交流についての講演を行いました。

三島学長は、東工大が採択されている文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援(タイプA:トップ型)」事業について語りました。また、タイ王国のシリントーン王女が本学を訪問されたことを紹介しました。

丸山理事・副学長は、2016年4月に予定されている教育改革について説明しました。

ゲストスピーカー ジャナタ教授

ゲストスピーカー ジャナタ教授

外国人研究者等との懇談会では、安藤真理事・副学長(研究担当)の開会の辞から始まり、ゲストスピーカーのジャナタ教授が、日本での生活や、第二言語として英語を学ぶことの大切さなどを話しました。
ジャナタ特任教授は、チェコ共和国で生まれ育ち、プラハ・カレル大学で修士号及び博士号を取得した後、1997年からジョージア工科大学に所属し、電気化学の分野で活躍しています。
今回、「世界トップレベルの海外大学からの教員招聘プログラム」で、特任教授として本学に招へいされ、本年7月まで大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻に所属されました。

その後、佐藤副学長の発声による乾杯で会が進行し、和やかな雰囲気の中、交流が深められました。最後は中井大学院社会理工学研究科長の閉会の辞をもって、大盛況のうちに終了しました。

このオリエンテーションと懇談会の様子は、参加者のインタンビューを交えて、下記ウェブサイトにおいても、報告する予定です。

懇談会の様子
懇談会の様子

問い合わせ先

国際部国際事業課国際基盤グループ

Email : iad.events@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-7690

RSS