研究

東工大ニュース

「2015夏 実践型海外派遣プログラム報告会」開催報告

RSS

公開日:2015.11.06

東京工業大学 グローバル理工人育成コースによる実践型海外派遣プログラムで、10日間~1ヶ月間海外に留学した計60名の学生による報告会が、10月19日、21日、28日と3日間に分けて開催されました。今年の夏の実践型海外派遣プログラムでは、8つの超短期海外派遣プログラムと、1つの海外英語研修プログラムが実施されました。

インド派遣プログラムにて
インド派遣プログラムにて

インドの現地女子学生との交流

インドの現地女子学生との交流

本学は、「卓越した専門性」と「リーダーシップ」を併せもち、グローバル社会で活躍できる人材を育成するため、様々な海外派遣プログラムを開発・実施しています。

「グローバル理工人育成コース」は、国際水準の教育研究活動を行い得る、高度な能力を身に付けさせることを目的として設置されました。「国際意識醸成プログラム」、「英語力・コミュニケーション力強化プログラム」、「科学技術を用いた国際協力実践プログラム」、「実践型海外派遣プログラム」の4つのプログラムにより構成されています。実践型海外派遣プログラムのうち、アジア、欧米等への各国の大学、研究機関、企業、NPO等を受入れ先とした1ヶ月以内のプログラムを、「超短期海外派遣プログラム」と位置づけています。

今回は留学先の地域別に、各プログラム参加学生からの報告が行われました。

  • 10月19日・21日:理工系学生のための海外英語研修プログラム報告会(オーストラリアでのホームステイ型語学研修プログラム)

  • 10月21日:アジア超短期派遣プログラム報告会(台湾/インド/インドネシア/スリランカ)

  • 10月28日:欧州超短期派遣プログラム報告会(英国/フランス/ドイツ・オーストリア/スウェーデン)

ストックホルム大学にて日本語授業に参加

ストックホルム大学にて日本語授業に参加

皆で楽しんだ折り紙

皆で楽しんだ折り紙

各回ともに多くの学生が参加し、活発な質疑応答が交わされました。特に28日の報告会には、スペシャルゲストとして、スウェーデン大使館商務部及びアトラスコプコ社から計4名の方のご参加もあり、報告会後には、スウェーデン派遣参加学生及び企業インターンシップ参加学生との座談会も開かれました。

超短期派遣プログラムに参加した学生からは

  • 多くの事柄・考え方に触れたことで、自分が何をしたいのか、将来どのような人間になりたいのか、今の自分には何が足りていないのかを深く考えるきっかけを得ることができた
  • 実際に現地に訪れたことでわかったことが多く大変貴重な経験ができた。今後は研究だけでなく、言語力も身につけ多くの人と交流できるようにしたい

など、本プログラムが今後の学生生活や将来設計の参考になったといった声が多く聞かれました。

オーストラリア メルボルンの教会にて
オーストラリア メルボルンの教会にて

2016年春には、米国、英国、オーストラリア、シンガポール、タイ、フィリピンの6つの実践型超短期海外派遣プログラムと、オーストラリアで行われる海外英語研修プログラム、合計7つのプログラムを実施します。今後も、海外経験を積みたい、語学力を強化したいという東工大生のニーズに応えていきます。

お問い合わせ先

東京工業大学 国際室 / グローバル人材育成推進支援室
Email : intl.sgu@jim.titech.ac.jp / ghrd.sien@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-3433 / 03-5734-3520

RSS