研究

東工大ニュース

日本最大級のアプリ開発コンテスト「JPHACKS 2016」で本学学生が最優秀賞受賞

2017.01.24

11月19日、東京大学武田先端知ビルで開催された、日本最大級の学生向けアプリ開発コンテスト「ジャパンハックス2016アワード(JPHACKS 2016 AWARDDAY)」において、本学修士課程学生のダシュデンベレル・バトチュナグさん(情報理工学研究科 数理・計算科学専攻 修士課程)を含むチーム「Ants(アンツ)」が、見事最優秀賞にあたるベストハック賞(Best Hack Award)を受賞しました。

ハッカソンと呼ばれるこのコンテストにおいて、ダシュデンベレル・バトチュナグさんたちのチームは、冷蔵庫にある材料をまとめて撮った写真1枚から画像認識を行い、その材料で料理できるレシピを紹介するシステム「CookBot」を発表しました。自らの経験から、料理を作るときに同じことで悩んでいる人は大勢いるのではないかという発想から、「CookBot」で次の3つの課題解決を実現しました。

ソフトウェア開発者が、一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競うイベント。「hack(ハック)」と「marathon(マラソン)」を組み合わせた造語。
1.
冷蔵庫の中に残っている材料で作れそうな料理(レシピ)を簡単に見つけられる
2.
誰でもわかるように、最適な調理手順(アルゴリズム)を生成しテキストでなく可視化してくれる
3.
その調理手順を双方向の会話をとおして教えてくれる

このシステムはCookBot | Devpostouterからアクセスできるようになっており、画像認識や自然言語処理などの技術が用いられています。

ダシュデンベレル・バトチュナグさんのコメント

ダシュデンベレル・バトチュナグさん
ダシュデンベレル・バトチュナグさん

僕は学部生のときからプログラミングのコンテストにしばしば出ていましたが、大学院に入ってからものづくりという意味でハッカソンに興味をもち、参加するようになりました。ハッカソンは、発想したアイデアを短期間で実現させるという挑戦です。今までの経験や知識を生かして、特定の目的で応用するのがポイントです。

ジャパンハックス2016アワードは、北海道、仙台、東京、名古屋、神戸、福岡の6会場で行われ、11月19日に決勝大会が開催されました。参加するチーム数が毎年増加している中、 今回最優秀賞のベストハック賞を受賞できたことをうれしく思っております。僕たちのチーム「Ants」は、東工大生2人と東大生2人のモンゴル人留学生4人のチームです。作品は、CookBotという食材の写真1枚からレシピを提案するFacebook MessengerというSNSのメッセージ用のアプリを使って会話をするような感覚で情報が得られる「チャットボット」と呼ばれるサービスです。アイデアはシンプルですが、短期間で完成させたという点が今回の受賞に結びついたのではないかと考えています。改善点はまだまだたくさんありますが、皆さんもCookBotouterからぜひ試してみてください。

情報理工学院

情報理工学院 ―情報化社会の未来を創造する―
2016年4月に新たに発足した情報理工学院について紹介します。

情報理工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

1月25日11:30 本文中に誤りがあったため、修正しました。