研究

東工大ニュース

東京工業大学と川崎市がイノベーション推進に関する連携協定を締結

RSS

2018.05.22

東京工業大学と神奈川県川崎市は5月21日、相互の持つ資源やネットワークを活かして、地域発のイノベーションの創出を推進するとともに、多分野での連携・協力を図ることを目的とした連携協定を締結しました。

協定書を取り交わす益一哉学長(左)と福田紀彦川崎市長(右)

協定書を取り交わす益一哉学長(左)と福田紀彦川崎市長(右)

本学と川崎市は2017年、「IT創薬技術と化学合成技術の融合による革新的な中分子創薬フローの事業化」と題する事業プログラムを共同提案し、同プログラムが文部科学省の「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に採択されました。そしてこの採択を受け2018年3月、川崎市殿町のキングスカイフロントに、スパコンと化学合成技術を融合した世界初となる「中分子IT創薬研究拠点(MIDL:Middle Molecule IT-based Drug Discovery Laboratory)」がオープンしました。協定締結により、本学と川崎市は今後さらに多分野での連携・協力を進め、イノベーション創出に貢献していきます。

連携・協力事項

1. 地域発のイノベーションの創出に関する事項

(1)殿町国際戦略拠点キングスカイフロントにおける中分子IT創薬を中心としたライフサイエンス分野に関する連携・協力

連携例

「中分子IT創薬プロジェクト」の着実な推進、中分子IT創薬研究拠点(MIDL)の保有機器の活用促進・共同利用

(2)臨海部における新産業創出や研究活動の推進に関する連携・協力

(3)新川崎地区における産官学連携によるイノベーション創出に関する連携・協力

2. ベンチャー・中小企業等の育成や技術指導などに関する事項

(1)「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」を通じた中分子創薬・IT創薬分野等の産業振興における連携・協力

連携例

市内企業や産業支援機関等のネットワーク共有

市内IT企業等への情報提供、技術指導、技術移転。市内IT企業等との共同研究

(2)創業支援分野での連携・協力

連携例

大学発ベンチャーや大学出身の起業者等の市内インキュベーション施設への誘導支援

3. 研究成果の実用化に向けた取組に関する事項

(1)基礎研究成果の実証実験、社会実装、事業化における連携・協力

連携例

中分子IT創薬研究拠点(MIDL)を軸とした、医療関係の企業等との共同研究の実施、臨海部など川崎市域をフィールドとする実証プロジェクトの企画・検討

4. 次世代産業や先端研究を担う人材の育成に関する事項

(1)人材育成プロジェクトのプログラム開発に向けた連携・協力

連携例

臨海部企業の参画による、技術継承や即戦力人材の育成に資する講座等の開設

(2)市内企業を対象とした教育プログラムの実施に向けた連携・協力

5. 市民還元・地域貢献に関する事項

(1)市民(学生を含む)向け講座やイベント実施における連携・協力

連携協定の概要

連携協定の概要

情報理工学院

情報理工学院 ―情報化社会の未来を創造する―
2016年4月に発足した情報理工学院について紹介します。

情報理工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先・取材申し込み先

東京工業大学 広報・社会連携本部 広報・地域連携部門

Email : media@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2975 / Fax : 03-5734-3661

RSS