研究

東工大ニュース

LG Japan Labと「LG Material & Life solution協働研究拠点」を設置

産学融合による先端技術開発の加速

RSS

公開日:2021.04.15

東京工業大学とLG Japan Lab株式会社は、オープンイノベーションによる先端技術開発を加速するため、4月1日に「LG Material & Life solution協働研究拠点」(以下「LG協働研究拠点」)を東工大すずかけ台キャンパス内に開設しました。

すずかけ台キャンパスS1棟

東工大とLGは長年、先端材料に関する研究開発を中心に多岐に渡る共同研究を推進してきました。日本での未来志向型研究開発及び製品開発の拠点としてLGが2017年に設立したLG Japan Labと今回、産学の共同研究を加速する新たな研究ハブとして、LG協働研究拠点を立ち上げました。研究拠点を大学内に構えることで、緊密かつ柔軟な研究開発体制を構築し、差別化された新規材料の開発と共に生活環境に対する新たなソリューションを提供する新規技術の研究開発を行います。

LG協働研究拠点は、東京工業大学オープンイノベーション機構の支援のもと、マテリアルズインフォマティクスを活用して短期間で新規材料探索からデバイス実装までを実現する研究開発、およびヘルスケア、環境/衛生分野などの領域での生活環境革新を実現する先進的な研究開発を行います。東工大が世界に誇るクラスター型計算機「TSUBAME3.0」活用による新規材料発掘に向けた理論計算、そして最先端かつ広範囲の材料解析装置/評価技術を最大限に利用することにより、未知の領域における困難な研究課題の早期解決を図ります。

マテリアルズインフォマティクス : 過去の物質・材料(マテリアル)に関する実験・シミュレーション結果のデータベースを、情報科学(インフォマティクス)の手法を用いて解析し、効率的かつスピーディーに有用な新マテリアルの探索を行う取り組みの総称。

LG協働研究拠点の概要

  • 名称:
    国立大学法人東京工業大学 オープンイノベーション機構協働研究拠点 LG Material & Life solution協働研究拠点
  • 場所:
    神奈川県横浜市緑区長津田町4259 東京工業大学 すずかけ台キャンパス
  • 設置時期:
    2021年4月1日
  • 研究題目:
    Material & Life Scienceに関する研究
  • 拠点長:
    曽根正人(東京工業大学 科学技術創成研究院 教授)
  • 副拠点長:
    吉田康一(LG Japan Lab株式会社 代表取締役)

お問い合わせ先

東京工業大学 オープンイノベーション機構

E-mail : admin@oi-p.titech.ac.jp
Tel : 045-924-5180

RSS