研究

東工大ニュース

同済大学長が東工大を訪問

RSS

公開日:2016.01.15

同済大学長が東工大を訪問

12月2日、中国の同済大学ペイ・ガン学長一行が本学を訪問し、三島良直学長、丸山俊夫理事・副学長(教育・国際担当)等と懇談をしました。懇談にはペイ学長の他に、同行したフゥァン・ユー大学院副院長、タン・ホンウェイ グリーンビル・新エネルギーセンター副主任、フゥァン・シァォジェ国際交流処アジア部主任が出席し、本学塚田由佳国際連携課長も同席しました。

本学と同済大学は2007年に全学協定を締結して以来、研究、学生交流を活発に行っています。ペイ学長が本学を訪れるのは今回が初めてで、一行は両学の交流をさらに深めるための意見交換を行うことを目的に来訪しました。

懇談では、三島学長が本学の概要を紹介するとともに、現在本学が取り組んでいる教育改革や文部科学省によるスーパーグローバル大学創成支援事業の説明をしました。ペイ学長は、中国でも大学の国際化を推進するために、政府が同様の取り組みを行っていると述べ、オンライン教育や日中の大学と企業を巻き込んだ産学連携等について、三島学長等と意見を交わしました。懇談の最後に、ペイ学長は同済大学が来年夏に開催を予定している「アジアにおける都市と地方開発の現状」をテーマとする学生交流プログラムを紹介し、本学の学生にもぜひ参加して欲しいと話しました。

三島学長、丸山理事・副学長
ペイ学長

(左から)三島学長、丸山理事・副学長、ペイ学長

1907年に上海市北部に設立された同済大学は、理学、工学、医学、文学、法学、哲学、経済、経営、教育の9つの学科学部の研究型総合大学で、中国国家が指定する重点理工大学の一つです。特に、土木工学、建築学の分野で高い水準を誇り、中国のリニアモーターカーの開発拠点となっています。

本学建築学専攻(デザインコース)の研究室と同済大学の建築都市計画学院は、1995年から毎年1週間程度の建築設計スタジオ・ワークショップを合同で開催しています。また上記とは別に、2014年からは建築系エンジニアリング分野の研究室が同済大学の土木工学院と連携して、毎年夏に上海と東京で交互に研究発表ワークショップを開催しており、両学の学生や教員が参加し活発な交流活動が行われています。

RSS