研究

東工大ニュース

東工大生のチームが情報セキュリティーコンテスト「SECCON CTF 2018 国際大会」で準優勝

RSS

東工大生4名によるチーム「NaruseJun(ナルセジュン)」が、12月22日から23日にかけて都内で行われた国内最大級の情報セキュリティー コンテスト「SECCON CTF 2018 ―International―(セキュリティー コンテスト キャプチャー ザ フラッグ2018 国際大会)」で準優勝を獲得しました。

表彰式での結果発表
表彰式での結果発表

賞状
賞状

会場に表示された最終順位表(NaruseJunは上から2番目、7196ポイントを獲得)
会場に表示された最終順位表
(NaruseJunは上から2番目、7196ポイントを獲得)

SECCONは情報セキュリティー分野で通用する情報セキュリティー人材の発掘・育成を目的として開催されている情報セキュリティーコンテストのイベントです。CTFは攻撃・防御両方の視点を含むセキュリティーの総合力を試すハッキングコンテストであり、2014年から国際大会が開催されています。

SECCON CTF 2018 国際大会の予選は10月にオンライン形式で行われ、80カ国以上から約1,400チームが参加しました。チームNaruseJunは予選4位で通過し、15チームが出場する国際大会への出場権を手にしました。また、同チームは昨年のSECCON CTF –Domestic-(国内大会)において、準優勝と文部科学大臣賞(個人賞)を受賞しています。チームメンバーは全員、東工大の学生サークル「デジタル創作同好会traP(トラップ)」に所属しています。

チーム NaruseJun

  • 澤田一樹さん(工学部 情報工学科 学士課程4年)
  • 宮本柊吾さん(理学部 情報科学科 学士課程4年)
  • 安宅佑騎さん(工学部 情報工学科 学士課程4年)
  • 黒岩将平さん(工学部 情報工学科 学士課程4年)

表彰式後の集合写真(左から澤田さん、宮本さん、安宅さん、黒岩さん)

表彰式後の集合写真(左から澤田さん、宮本さん、安宅さん、黒岩さん)

チーム代表 澤田さんのコメント

サイバーセキュリティー系コンテストの最高峰の1つであるSECCON CTF 2018 国際大会で優れた成績を収めることができ、大変嬉しく思います。東工大traPのCTFチームとしては、初めての国際大会出場でした。海外の強豪チームと肩を並べて戦う経験は大変刺激的なものでした。

私は普段は情報通信ネットワークの研究をしています。他のメンバーも、情報工学に関わる様々な分野で研究を行っています。各メンバーの専門分野に関する知識や経験を、うまく活かして戦えたからこその結果であると感じています。

お問い合わせ先

広報・社会連携本部 広報・地域連携部門

E-mail : media@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2975

RSS