研究

東工大ニュース

2021年秋、「IoTセキュリティ体験セミナー」を開催

プログラミングを学ぶIoT導入教育セミナー第2弾

RSS

公開日:2022.01.25

東京工業大学ものつくり教育研究支援センターと学生支援センターは、2021年度秋季IoT導入教育セミナー第2弾として、12月15日と22日に「IoTセキュリティ体験セミナー」をTaki Plaza地下2階のワークショップスペースで開催しました。
IoTとはInternet of Things(モノのインターネット)の略で、パソコン以外のモノ(家電等)をインターネットに接続し、より便利に活用することを意味します。今回は、IoT、プログラミング、セキュリティなどの知識・技術の初歩について、東工大卒業生も活躍している株式会社ソリトンシステムズ(以下ソリトンシステムズ)の協力により、実践的に学びました。12月15、22日の2日に渡り、ワークショップスペースには19台のIoTデバイスとして人気のラズベリーパイ(Raspberry Pi)とモニターが設置されました。対面で参加しラズベリーパイを直接操作する学生が10名、オンラインで参加しラズベリーパイを遠隔で操作する学生が8名(うち留学生2名)、合計18名の学生が同時進行で講義を受けるハイブリッド型の開講となりました。
セミナーでは、IoTとサイバーセキュリティの体験をテーマに、ラズベリーパイを使って実際に IoT温度センサーの製作、サーバーへのサイバー攻撃などを行いました。

IoTセキュリティについて説明を受ける参加者
IoTセキュリティについて説明を受ける参加者

セミナーで使用したIoTデバイスのラズベリーパイ
セミナーで使用したIoTデバイスのラズベリーパイ

2週連続開催のセミナーの内、12月15日の第1日目は、ものつくり教育研究支援センターの齊藤卓志副センター長による開会のあいさつで始まりました。その後、講師のソリトンシステムズ竹澤一輝氏の指導のもと、学生たちはラズベリーパイを使って温度計を製作し、IoTの基本を学びました。実際に制作する前には、ラズベリーパイとそのオペレーティングシステムのリナックス(Linux)について学び、ログインをすることから始めるなど、初心者にもわかりやすいセミナーとなりました。

スタッフからサポートを受ける参加者
スタッフからサポートを受ける参加者

次に、温度センサーをラズベリーパイに直接接続し、プログラムを入力してから実行することで、現在の温度と湿度を測定できるかを試しました。また、測定した温度をサーバーに送信することで、ラズベリーパイがIoT温度センサーになり、温度を表示するウェブページが作れることを体験しました。ソリトンシステムズのスタッフの方々の、対面とオンライン両方の参加者からの質問への丁寧な応答や、機器のトラブル対応、プログラムを実行する際に分からなくなってしまった参加者のサポートなどがあり、参加者は安心してセミナーでの体験を楽しみました。

12月22日の第2日目は、ラズベリーパイをセキュリティ診断ツールとして利用し、よく使われるパスワードのリストを使ったウェブ認証の突破や、Wi-Fiのパスワード解析、ウェブサーバーへの侵入とコンテンツの改ざんを体験しました。まず、ヒドラ(Hydra)というツールを用いて、パスワード認証を行うシステムに「辞書攻撃」を実施し、簡単なパスワードを使用することの危険性を学びました。

閉会のあいさつをする間中センター長
閉会のあいさつをする間中センター長

次に、ラズベリーパイでWi-Fiの通信をモニタリングし、WPA(Wi-Fi Protected Access)の脆弱性を利用した、Wi-Fiのパスワード解析を行いました。最後に、ウェブサーバーの脆弱性を突いてサーバー内に侵入し、公開されているコンテンツの内容を書き換える体験をしました。講師によるパスワード解析に使用したソフトウェアの説明や、参加者にとって初めて知るようなセキュリティに関する用語の説明もあり、セミナーは参加者の理解度と進度に合わせて丁寧に進められました。
最後に、ものつくり教育研究支援センターの間中孝彰センター長による閉会のあいさつで、2週連続で行った計2日間のセミナーは締め括られました。

参加した学生からは、次のような感想が寄せられました。

  • 「実践的な内容が多く、説明もしっかりしていて分かりやすく良かったです。ラズベリーパイの動作が重かった点以外は、非常に興味深くて面白いセミナーだと感じました。セキュリティのことは大学中に勉強したいなぁとぼんやりと思っていたので、今回のセミナーは良い刺激になりました。ありがとうございました。」
  • 「情報系ではないですが、興味があったことを学べてよかったです。ありがとうございました。楽しかったです。」
  • 「1日目では、温度センサーをプログラミングによって作れて楽しかったです。授業では、熱電対のような温度計は習っていたので、興味深かったです。」

2021年度秋季IoT導入教育セミナーは、第3弾として1月に株式会社コモドソリューションズの協力を受け、「初心者向けパイソン(Python)セミナー」を開催し、幕を閉じました。

お問い合わせ先

学生支援センター未来人材育成部門

E-mail : internationalstudentsupport@jim.titech.ac.jp

RSS