研究

東工大ニュース

ドローン搭載5.7 GHz帯無線機で4K生映像の5 km伝送に成功

RSS

公開日:2022.04.28

概要

東京工業大学 工学院 電気電子系 阪口啓教授らの研究グループは、株式会社光電製作所 開発部、工学院大学 工学部 機械システム工学科 羽田靖史准教授ら研究グループと3機関共同研究で取り組んでいる総務省委託研究「5.7 GHz帯における高効率周波数利用技術の研究開発」におけるフィールド実験において、高度約100 mで飛行するドローンから送出した4K(2160/60p)生映像の5 km伝送他に成功した。

図 フィールド実験の概要

図. フィールド実験の概要

背景と経緯

ドローンの活用は急速に進展しつつあり、目視外飛行や自動運行時の安全確保、効率的な警備、被災地などの情報収集への活用の為にも、より高精細な生映像のリアルタイムな無線伝送が求められている。また、増え続ける周波数需要を踏まえ、使用無線周波数帯域は狭帯域で、複数機器での同時運用が出来得る事が求められる。そのような背景の下、総務省では 5.7 GHz帯「無人移動体伝送システム」として制度化された計105 MHzの帯域を使用し、

  • 最大5 km遠方のドローンから超高精細4K映像のリアルタイム伝送
  • 最大10台のドローンを同一エリア内で同時使用可能

の実現を目的とした委託研究「5.7 GHz帯における高効率周波数利用技術の研究開発」を2019年に公募し、3機関共同研究として採択を得て取り組んできた。

研究成果

この度、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールド付近海岸の指定エリアに研究試作機を持ち込んでフィールド実験を実施し、試作無線機を搭載したドローンを制限高度150 m未満で飛行させての通信実験を行い、 5.7 GHz帯「無人移動体伝送システム」で定義された帯域幅10 MHzのチャネルを用いての4K生映像の5km伝送、同じ10 MHzのチャネルを用いてあるドローンからの映像伝送と異なるドローンへの制御データの同時伝送、帯域的に重複が懸念される無線LAN機器の検出・干渉回避手段の検証、5 km先の地上高150 mからでも通信品質を確保するアンテナ特性・追尾機構の検証などを実施し、目標とする性能を満足できることを確認した。

今後の展開

現状は機能試作機での個々の機能確認が行えた段階ではあるが、今後、機器の安定性、システム操作性の向上を図るとともに、ドローン搭載を踏まえてのサイズ、質量、コストの削減を図り、早期実用化を目指す。

工学院

工学院 ―新たな産業と文明を拓く学問―
2016年4月に発足した工学院について紹介します。

工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

東京工業大学 総務部 広報課

E-mail : media@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2975 / Fax : 03-5734-3661

株式会社光電製作所 人事総務部 人事総務課

E-mail : soumubu@koden-electronics.co.jp

工学院大学 総合企画部 広報課

E-mail : gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp

RSS