東工大について

環境報告書

環境報告書とは、企業などの事業者が経営責任者の緒言、環境保全に関する方針・目標・計画、環境マネジメントに関する状況(環境マネジメントシステム、法規制遵守、環境保全技術開発等)、環境負荷の低減に向けた取り組みの状況(CO2排出量の削減、廃棄物の排出抑制等)等について取りまとめ、名称や報告を発信する媒体を問わず、定期的に公表するものです。

2004年には環境報告書の普及活動、信頼性向上のための制度的枠組みを整備し、環境報告書を社会全体として積極的に活用していくために「環境配慮促進法」が制定され、独立行政法人や国立大学法人等の特定事業者は、毎事業年度「環境報告書」の作成と公表が義務づけられています。本学では2005年度より公表しています。

環境報告書2018

2017年度における本学の研究・教育活動に伴う環境負荷低減の取り組み・環境保全活動を「環境報告書2018」としてまとめました。

環境報告書2018

目次

  • ごあいさつ
  • 第1章
    東京工業大学の概要
  • 第2章
    環境に貢献する科学技術研究
  • 第3章
    環境教育と人材育成
  • 第4章
    社会貢献活動
  • 第5章
    環境マネジメント
  • 第6章
    環境パフォーマンス
  • 環境目標と行動の達成度評価
  • 「環境報告ガイドライン2012」との対照表
  • 第三者意見
  • 編集後記

「環境報告書2018」は、キャンパスマネジメント本部 総合安全管理部門ウェブサイトouter等でご覧いただけます。