東工大への寄附

末松基金

末松基金

末松基金は、2014年に日本国際賞を受賞した末松安晴栄誉教授(元学長)が、その賞金を本学に寄附されたことを受けて設立した基金です。

多様な分野で、未開拓な科学・技術システムの発展を予知・研究し、隠れた未来を現実の社会に引き寄せる研究活動を奨励するため、若手研究者を中心に支援しています。

末松栄誉教授は、東京工業大学で行った光ファイバ通信の研究、特に動的単一モードレーザの先駆的研究が大容量長距離光ファイバ通信の発展に寄与し、社会に貢献しているとして、2014年に日本国際賞を受賞しました。

末松栄誉教授は、若い人たちが様々な分野で未開拓の科学・技術システムの発展を予知して研究し、研究者だけが覗き見られる隠れた未来の姿を現実の社会へ引き寄せて定着させる活動が、澎湃として湧き出すことを望む思いから、日本国際賞の賞金の一部を本学に寄附されました。その思いを継承して設立されたのが「末松基金」です。

2017年度は、イノベーションを生み出す研究に取り組む若手研究者7名を選考し、支援しました。2018年度は、コンピュータ、ロボティクス、ネットワーク技術などとそれらの活用に関する研究に幅広い支援を行う末松賞「ディジタル技術の基礎と展開」を設けました。また、2019年度からは、「東工大挑戦的研究賞 末松賞」を設け、顕彰を行う予定です。

末松栄誉教授の若手研究者支援の思いを継承し、「末松基金」をさらに充実させ日本の科学の発展に寄与すべく努力して参りたいと思っております。つきましては「末松基金」に対するご理解をいただき、さらなる基金充実のためのご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

基金の概要

寄附金の使途

1.
ディジタル技術の基礎と展開 支援
2.
挑戦的研究・末松賞 による若手研究者の顕彰

ご寄附の方法

寄附目的の記入が必要な場合は、「末松基金」としてください。

1.
郵便局・銀行振込
郵便局・銀行振込をご希望の方は、東工大社会連携室までご連絡ください。必要書類をお送りいたします。(取扱金融機関:ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、城南信用金庫)
2.
インターネットによる募金
寄附申込フォームからご寄附いただけます。
お支払い方法は、クレジットカード、インターネットバンキング、コンビニエンスストアのうちから、いずれかの方法を指定することができます。

ご寄附への感謝

  • 寄附者全員:学長主催「感謝の集い」にご招待
  • 30万円以上(法人は100万円以上):上記に加え、感謝状の贈呈並びに芳名刻印レンガの大学施設内設置
  • 500万円以上(法人は1000万円以上):上記に加え、紺綬褒章の申請・受領
高額のご寄附をご検討いただける場合、寄附者が法人の場合は、社会連携室までご連絡ください。

税制上の優遇措置

本基金へのご寄附は、個人の方は、所得税法上の寄附金控除の対象となり、法人の場合は、法人税法により全額損金算入となります。詳しくは、税制上の優遇措置をご覧ください。

活動報告

寄附メニュー(支援項目)

寄附メニューを選ぶ

寄附の使用用途を指定できます。

寄附メニューの詳細を見る

東京工業大学 社会連携室

  • Emailsyaren@jim.titech.ac.jp
  • Tel03-5734-2415・2417
  • ※お電話による受付時間:平日(月~金)10:00~17:00
    土日、年末年始、大学の休業日を除きます
  • Fax03-5734-2485