研究

東工大ニュース

現物資産活用基金の創設

RSS

公開日:2018.09.10

東京工業大学は、株式や土地などの現物資産寄附を受け入れ、当該資産を有効に活用するため、東京工業大学基金の中に「現物資産活用基金」を創設しました。同基金は、2018年度の税制改正(※)に対応した文部科学大臣の証明を受けた特別な基金です。

2018年度の税制改正により、株式や土地などの現物資産寄附の、みなし譲渡所得税の非課税要件が緩和されました。具体的には、寄附された現物資産を文部科学大臣の証明を受けた基金で管理する場合、所轄の税務署への申請により非課税措置を受けることができる制度の創設です。また、当該基金内であれば他種資産に買換えも可能です。

東京工業大学基金は、主に現金による寄附により運営していますが、それに加え、このたびの株式等の有価証券、土地等の不動産などの現物による寄附を有効に活用することで、教育研究環境の一層の充実を図っていきます。

世界トップ10に入るリサーチユニバーシティの実現に向けて、現金によるご支援はもとより、株式や土地等の現物資産によるご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。

詳細は現物によるご寄附(株式、土地等)のページをご覧ください。

東工大基金

この事業は東工大基金によりサポートされています。

東工大への寄附 > 東京工業大学基金

お問い合わせ先

東京工業大学基金室

E-mail : bokin@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-2415

RSS