研究

東工大ニュース

「東工大アクションプラン2018-2023」(リーフレット版)を発行

RSS

「東工大アクションプラン2018-2023」を策定し、リーフレットにして発行しました。

東工大アクションプラン2018-2023」(リーフレット版)を発行

「東工大アクションプラン2018-2023」とは

本学は、2004年国立大学法人化の際に「世界最高の理工系総合大学の実現」を長期目標に掲げ、2030年には「世界トップ10のリサーチユニバーシティ」となることを目指しています。

この目標に向け、2017年には東工大に集う我々は一体何者なのかを、学生、教職員によるワークショップを通じて議論し、「ちがう未来を、見つめていく」に始まる「東京工業大学のステートメント2030」を発表しました。

2018年4月に就任した益一哉学長は、これから世界の大学に伍していくために本学構成員ひとりひとりが如何に取り組むかを「東工大コミットメント2018」として発表しました。

そして、長期目標である「世界最高の理工系総合大学の実現」に向けてより具体的に取り組むべき課題を示したのが「東工大アクションプラン2018-2023」です。

ステートメントは「我々は何者であるか(Who we are)」を、コミットメントは「我々はどうやるか(How we do)」を、アクションプランは「我々は何をやるか(What we do)」を示しています。

これらはいずれも本学構成員の対話の中から生まれました。

これから「Team 東工大」一丸となってこのアクションプランを実行し、″挑み続け、未来を創る東工大″として社会の中での立ち位置を確固たるものとします。

そして、世界のイノベーションの中心に立ち、科学技術の力によって人々の幸せの実現に貢献していきます。

Tokyo Tech 2030

ちがう未来を、見つめていく。
役員・教職員・学生の参加によるワークショップを通じて、2030年に向けた東京工業大学のステートメント(Tokyo Tech 2030)を策定しました。

Tokyo Tech 2030

RSS