研究

東工大ニュース

「イノベーション・ジャパン2019」大学組織展示 出展報告

RSS

2019.10.18

東京工業大学は、8月29日、30日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された「イノベーション・ジャパン2019~大学見本市&ビジネスマッチング~」の「大学組織展示」に出展しました。

「大学組織展示」は、大学と産業界との間での新たなパートナーシップの創造を目的に、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)が主催した「イノベーション・ジャパン ―大学見本市―」のエリア内に開催されたものです。

自動走行ロボット実演(5G)
自動走行ロボット実演(5G)

今年度、本学ブースでは、「超スマート社会に貢献する5G・Robot・CPHS」をテーマに、工学院 電気電子系の阪口啓教授による「自動運転(5G)」、工学院 機械系の鈴森康一教授による「ヒトxロボx AI(Robot)」、工学院 システム制御系の藤田政之教授による「自律CPS(CPHS)」の3つの研究内容を紹介しました。

5G(第5世代移動通信システム)では自動走行ロボットによる実演、Robot(ロボット)では人工筋肉繊維による体験及び展示、CPHS(Cyber-Physical & Human Systemsの略)ではロボット群の運動の動画と、それぞれ違った方法で来場者に対し「超スマート社会」を提案しました。

サイバーフィジカルシステムにさらに人間(あるいは社会)を組み込み、その全体をシステムとして捉えたもの

人工筋肉繊維展示「がいこつくん」(Robot)
人工筋肉繊維展示「がいこつくん」(Robot)

自律CPS動画(CPHS)
自律CPS動画(CPHS)

超スマート社会実現に向けた研究力の例

超スマート社会実現に向けた研究力の例

当日は2日間で多くの来場者が本学ブースに参加し、本学の構想の意義を理解していただくことができました。

今後もモビリティ、生産分野、生活など、5Gの先を見据えた新しい産業・社会の実現に向けて邁進していきます。

工学院

工学院 ―新たな産業と文明を拓く学問―
2016年4月に発足した工学院について紹介します。

工学院

学院・系及びリベラルアーツ研究教育院outer

お問い合わせ先

研究・産学連携本部 産学連携部門

E-mail : sangaku@sangaku.titech.ac.jp

RSS