研究

東工大ニュース

益一哉学長が、デ・ラ・サール大学と本学フィリピンオフィスを訪問

RSS

公開日:2019.10.23

スプリード学長に本学の研究活動について説明する益学長

スプリード学長に本学の研究活動について説明する益学長

益学長とスプリード学長
益学長とスプリード学長

9月13日、益一哉学長は、フィリピンのデ・ラ・サール大学レイムンド・スプリード学長を表敬訪問し、両大学の現状についての説明や意見交換を行いました。

訪問には、西崎真也フィリピンオフィス長(情報理工学院情報工学系)、日野出洋文教授(環境・社会理工学院融合理工学系)、大即信明特任教授(教育・国際連携本部)、イーデン・マリキット特任講師(環境・社会理工学院融合理工学系)、鈴木規子国際部長等が同席しました。

両校の学生交流・研究交流は、附属高校間の交流も含めて活発に行われており、特にデ・ラ・サール大学の役職に就いている本学の卒業生も多いことが話題となりました。懇談の最後に、両学長は、今後もさらに協力を継続していくことを確認しました。

益学長にフィリピンオフィスの活動について説明するガラルド フィリピンオフィスアドバイザー
益学長にフィリピンオフィスの活動について説明する
ガラルド フィリピンオフィスアドバイザー

開会の辞を述べる益学長
開会の辞を述べる益学長

ジェイソン・オンペンATTARS会長と益学長
ジェイソン・オンペンATTARS会長と益学長

その後、デ・ラ・サール大学に設置されている本学フィリピンオフィスを視察し、ロナルド・ガラルド フィリピンオフィスアドバイザーからフィリピンにおける大学教育の状況及びフィリピンオフィスの活動等について報告を受けました。また、本学の卒業生でもある、デ・ラ・サール大学教育学部レイモン・シソン学部長とも懇談を行いました。

翌14日にはデ・ラ・サール大学で開催された廃棄物の有効利用に関するワークショップ(WOW2019)に参加しました。このワークショップは、「持続可能な廃棄物の利用と管理における先端技術」をテーマとして、東工大、デ・ラ・サール大学、フィリピン大学等が共同で開催しています。

益学長が開会の辞を述べ、本学からは、中崎清彦教授(環境・社会理工学院融合理工学系)、高橋史武准教授(環境・社会理工学院融合理工学系)が基調講演を行いました。

同日夕刻には、本学同窓会であるフィリピン蔵前会(ATTARS)主催の夕食会が開催され、益学長は、フィリピンにおける本学卒業生との交流を深めました。

ATTARS参加者で記念写真

ATTARS参加者で記念写真

お問い合わせ先

国際部国際事業課 国際事業グループ

E-mail : kokuji.jig@jim.titech.ac.jp

Tel : 03-5734-3827

RSS