東工大について

平成30年度学士課程入学式 式辞

平成30年度学士課程入学式

平成30年度入学式式辞は英語と一部日本語で行われました。日本語訳はこちらをご覧ください。

(In English)

Ladies and gentlemen, good morning. It is a great pleasure to see you all at Tokyo Tech's 2018 Entrance Ceremony for bachelor's degree students. In the presence of administrators, faculty members, special guests, and friends, we are all here to extend a warm welcome to the new students. The number of students is 1,139 joining us today. I believe that you have been waiting eagerly for this day since you decided to attend Tokyo Tech, and now, it is finally here. Congratulations.

I would also like to congratulate and thank the parents and family members who have joined us here today. You have dedicated so much time, love, and effort to these young men and women. Although we may not be seeing you as often as your sons and daughters in the next four years, please remember that you, parents and families, are valued members of Tokyo Tech. I sincerely welcome you all.

(In Japanese)

On March 20, 2018, Tokyo Tech was selected by Japan's Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology as a Designated National University. Of the five universities designated to guide the way towards new achievements in education, research, and societal impact, Tokyo Tech is the only science and technology university. I sincerely hope that, as proud, mindful members of a united Tokyo Tech, you will join us in creating a better future.

(In English)

Tokyo Tech has spent 137 years training responsible professionals for important roles across society. These professionals have greatly benefited humankind through their leadership, outstanding research, and technical ingenuity. They continue to do so today because Tokyo Tech's student-centered learning environment, cutting-edge research, and increased diversity provide students with the multitude of skills and experiences required in the 21st century.

On this important day, you may have a question, "What do I want to do at Tokyo Tech?" or "How can I make the most of my time here?" You may feel nervous or even fearful about the challenges ahead of you in this new phase in your life. I can tell you that fear plays a part in all of our lives, but you decide to what extent. If you are proactive, Tokyo Tech is a place where you can take charge of your life and start creating a vision of your future. You will receive continuous support from the people around you. Special lectures by world-leading researchers will provide you with the scientific inspiration to dream big, and experts in the liberal arts will guide you through the Tokyo Tech Visionary Project, which you will join soon. As you begin to discover the intellectual path you want to take, I encourage you to view even the toughest of challenges as beneficial. It is these challenges that will help you define how you can innovate and make an impact in this world.

I highlighted diversity as one of the cornerstones of Tokyo Tech, but what is diversity? To some of our incoming students, diversity may mean the inclusion of people in projects, groups, or organizations regardless of their country of origin, culture, or religion. Tokyo Tech has been doing this since 1896, when the first inbound exchange students joined the Institute. This embodiment of diversity is also well-represented by the students in front of me today, who have arrived not only from all over Japan, but also from overseas to join the third cohort of the Global Scientists and Engineers Program, or GSEPouter.

Diversity, however, comes in many other forms, too. In addition to our inherited characteristics, diversity also refers to the vast range in our communication and learning styles, our knowledge, talent, imagination, interests, and even our lifestyles. Awareness and appreciation of these variances allow us to grow individually through the shared journeys of others. A diverse classroom or research team is not only the sum of its components, but also includes the infinite possibilities that may emerge through the interactions in such collaborative groups. However we define it, diversity fosters creativity. I hope you openly share your unique contributions to enrich your own lives and the lives of others.

One way to combine the fine-tuning of your personal vision with a broader understanding of this diverse world is to study abroad. Tokyo Tech provides a variety of study abroad opportunities, ranging from a few days to several months, to meet the changing needs of all our students. I encourage you to take advantage of these opportunities. Remember, the world will only embrace you if you embrace the world.

Finally, I want to remind you that Tokyo Tech's buzzing activity is not limited to academics. Joining one of the many extracurricular clubs that Tokyo Tech offers will put you in closer contact with your new peers, providing additional social and cultural dimensions that will develop you both as independent thinkers and team players.

Once again, congratulations, welcome to Tokyo Tech! Enjoy your life at Tokyo Tech with your friends and with all Tokyo Tech members!

April 3, 2018
Kazuya Masu
President, Tokyo Tech

(日本語訳)

皆さま、おはようございます。

東京工業大学(以下、東工大)平成30年度入学式で、皆さんにお会いすることを大変嬉しく思います。ご来賓ならびに本学役職員・部局長のご列席のもと、本日東工大に加わる新入生の皆さんを心より歓迎いたします。1,139名の新入生を迎え入れました。東工大への入学を目指して以来、この日を心待ちにしていたと思います。そして、その日はついにやってきました。おめでとう。

また、本日ご列席のご両親とご家族の皆さまにもお慶びと感謝を申し上げます。ご家族の皆さまにおかれましては、この優れた若者たちに多くの時間、愛情、努力を捧げられてこられました。私たちは、ご家族の皆さまに、ご息女・ご子息たちほど頻繁にお目にかかることはできませんが、皆さまも本日より東工大コミュニティーの大切なメンバーです。心から皆さまを歓迎いたします。

去る3月20日、東工大は文部科学省から、指定国立大学法人に指定されました。現在、我が国では5つの指定国立大学法人がありますが、本学は唯一の理工系総合大学です。より高い目標を掲げ、新たな第一歩を踏み出したところです。皆さんも、本学の一員としての自覚と誇りをもって、一緒に東工大の新しい歴史を築いていただきたいと思っています。

東工大は、この137年間、社会の重要な役割を果たすために、責任あるプロフェッショナルを輩出して参りました。彼らプロフェッショナルは、リーダーシップ、優れた研究、ものつくりにより、人類に大きな恩恵をもたらしました。このことは、学生主体の学修環境、最先端の研究力、多様性の強化によって東工大が21世紀に求められる多くのスキルと経験を学生に提供することによって、今日にも引き継がれています。

この重要な日に、新入生の皆さんは「東工大で何をしたいのだろう」、「どうしたら、ここで自分の時間を最大限に生かせるだろう」などと自問をしているかもしれません。もしかしたら、ここから始まる新たな挑戦を前に、緊張し、あるいは、恐れまでも感じているかもしれません。恐れというものは私たちの生活のあらゆる面で関わっていると言えますが、皆さん次第でその影響は変わります。皆さんが積極的に取り組めば、東工大は、あなたが人生を託して未来のビジョンを生み出すことができる場所となります。また、皆さんは、周りの人々から継続的な支援を受けることができるでしょう。新入生が受講する世界トップレベルの研究者による「科学・技術の最前線」の授業は、大きな夢を抱くための科学的なインスピレーションをもたらし、皆さんがまもなく受けることになる「東工大立志プロジェクト」の授業を通してリベラルアーツの専門家が皆さんを導いてくれるでしょう。皆さんが目指す知的な生き方を見出す時に、最も困難な挑戦ほど価値があると思ってくれることを願います。このような挑戦こそが、皆さんがこの世界にどのような革新を起こしインパクトを与えるかを決めていくのです。

多様性を東工大の礎の一つとして強調しますが、多様性とは何を意味しているのでしょうか? 新入生の中には、出身国や、文化的または宗教的違いにかかわらず、プロジェクト、グループ、または組織に様々な人を受け入れることを意味すると考える人もいるかもしれません。東工大では、1896年に最初の留学生が入学して以来、こうした多様な背景を受け入れる文化を育んできました。今私の前に居る皆さん、すなわち、日本各地からのみではなく、融合理工学系国際人材育成プログラム(Global Scientists and Engineers Program、GSEP)への入学を決めた海外からのGSEP第3期生たちを含む学生たちは、まさに東工大の多様性の文化をよく表わしています。

また、多様性というのは出身地や思想、生まれ持った特性だけを指すのではなく、コミュニケーションや学修スタイル、知識、才能、想像力、興味、さらにはライフスタイルまで広範囲に及んでいます。他人との共存を通じたこれらの違いへの気づきと認識は、個々の成長を促します。多様な学修環境や研究チームは、その構成要素を足し合わせただけのものではありません。このような共同体グループでの相互作用を通じて生じる無限の可能性も含まれています。だから、私たちは多様性は創造性を育むものだと定義します。自分の人生と他者の生活を豊かにするために、あなたにしかできない独自の貢献を、より多くの人たちと共有してほしいと思います。

あなたの個人的なビジョンを発展させ、私たちが生きる多様な世界の幅広い理解を組み合わせる一つの方法は、海外で学ぶことです。東工大では、学生の変化するニーズに対応した、数日から数か月にわたるさまざまな留学の機会を設けています。ぜひこれらの機会を活用してください。あなたが世界を受け入れるならば、世界もあなたを受け入れてくれることを忘れないでください。

最後に、東工大のワクワクドキドキする環境は学修や研究に限られたものではないことをお伝えしたいと思います。東工大が提供する様々な課外活動に参加することで、新たな仲間との関係が深まり、社会的、文化的な側面がさらに広がり、自律した思考者として、また、チームプレイヤーとして成長していくことでしょう。

あらためて、おめでとうございます。

そして、東工大へようこそ!

友人や全ての東工大のメンバーと一緒にあなた方の東工大を楽しんで下さい。

平成30年4月3日
東京工業大学長 益 一哉