東工大について

超スマート社会卓越教育院

近代以降の社会革命(熱力学+熱機関=産業革命、情報科学+計算機=情報革命など)では、先端の科学(物理学・情報科学など)と革新的な工学(機械・電気電子工学など)によって、我々の社会に変革が起こりました。第5の社会的革命とも言われる超スマート社会の実現には、産業革命以降の機械・電気・建設などのフィジカル空間の技術と情報革命以降のサイバー空間の技術の統合に留まらず、量子科学や人工知能などの最先端の科学技術の融合が必須です。本教育プログラムは、修士・博士後期課程を一貫した学位プログラムにより、量子科学に基づく超スマート社会の実現に向けてリーダーシップのある知のプロフェッショナル「スーパードクター」を養成することを目的とします。

超スマート社会卓越教育院が涵養する5つの能力

1.
量子科学と人工知能の基幹的学力
2.
サイバー空間・フィジカル空間にまたがる専門分野で独創的な科学技術を創出する力
3.
量子科学から超スマート社会までの道筋を俯瞰する力
4.
異分野が融合した社会課題の解決能力
5.
産官学の各セクターを牽引できるリーダーシップ力

超スマート社会卓越教育院が涵養する5つの能力

超スマート社会卓越教育プログラムの特徴

1.
連携機関と共同で、実際に超スマート社会を創造する研究プロジェクトに参画する機会を提供します。
2.
SSS推進コンソーシアムを介して、社会と連携した魅力ある教育プログラムを提供します。
3.
学業・研究に集中できる経済的サポートを実施します。
4.
海外連携機関等との共同研究の機会を提供し、渡航旅費の支援を実施します。
5.
SSS推進コンソーシアム参加機関を中心にキャリアパス支援を実施します。

超スマート社会教育研究フィールド

超スマート社会教育研究フィールドは、大学院生が超スマート社会推進コンソーシアム参加機関(企業・自治体・国研)と共に実験することで、異分野融合課題解決力を涵養することを目的としています。

お問い合わせ先

超スマート社会卓越教育院事務室

Email : wise-sss@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5437-3766