ERASMUS MUNDUS-EASED第3回(最終回)派遣募集

RSS

公開日:2015.05.12

欧州委員会の交流事業「ERASMUS MUNDUS計画2013-2017」で採択されたEASED(Euro-Asian Energy Development)プログラムでは、この度、第3回目(最終回)の派遣募集を行います。

このプログラムは、本学を含む欧日韓の12の高等教育機関によって企画・提案されており、博士課程の学生やポスドク・研究者、教員が"持続可能なエネルギーの開発"を中心テーマに、相互に交流を行います。これにより両地域間の連携や研究交流が促進され、異文化間の相互理解が深められます。

概要

派遣募集期間
2015年5月1日~2015年11月30日(パリ時間24:00)
対象
博士課程学生、ポスドク研究者、教員
派遣期間
博士課程学生(6-12ヶ月)、ポスドク研究者(10ヶ月)、教員(3ヶ月)
給付金
旅費、滞在費(一部)、保険費用
派遣先機関
エコール・サントラル・パリ(フランス)
インペリアル・カレッジ(英国)
ミュンヘン工科大学(ドイツ)
ブリュッセル自由大学(ベルギー)
マドリード工科大学(スペイン)
ミラノ工科大学(イタリア)

派遣希望者は、EM-EASEDのホームページouterより応募手続きを行ってください。

関連情報

お問い合わせ先
EASEDコーディネーター教職員
Tel: 03-5734-3859
Email: em-eased@plan.cv.titech.ac.jp

RSS