UCSB 谷本俊郎教授 特別講演会「地球観測の歴史と展望」

RSS

公開日:2015.10.28

この講演会は平成27年度国際フロンティア理工学教育プログラム外部講師招聘事業のうち、1類「科学・技術の最前線」特別講演会として、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)谷本俊郎先生を招聘しご講演いただくものです。

谷本俊郎先生は、日本で物理学科を卒業後、地球物理学専攻の修士課程へ進み、さらにカリフォルニア大学バークレー校博士課程でPh. Dを取得、その後国際的に活躍してきた著名な地震学者です。

谷本先生は地震波トモグラフィーの理論的基礎を構築し、地震観測グローバルデータの解析により、弾性波速度など地球内部物性の3次元的構造を明らかにしました。

今回は、全地球観測の歴史と今後の展望について、国際的研究者の視点から、初心者にもわかりやすく講演をしていただきます。

学部1年生はもちろん、その他の学部学生・大学院生・教職員など多くの方々の聴講をお待ちしております。

日時
2015年12月9日(水) 13:20~14:50
場所

UCSB 谷本俊郎教授 特別講演会「地球観測の歴史と展望」ポスター

問い合わせ先

理学系事務グループ

E-mail : rig.jim@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-7661

RSS