JCHM第4回シンポジウム及び総会 ―日本人腸内環境の全容解明と産業応用プラットフォーム―

RSS

公開日:2016.05.10

山田拓司講師准教授が代表を務めるコンソーシアム、JCHM(Japanese Consortium for Human Microbiome)の第4回シンポジウムを開催致します。

今回も学内外の若手研究者を演者に招き、腸内細菌の解析技術や利用可能なデータなどを企業や研究機関に広く周知していくことをメインテーマとしています。午前中にはRを使って統計解析のワークショップを開催します。

概要

日程
2016年6月8日(水)
場所
大岡山キャンパス 百年記念館3F フェライト記念会議室
(東急大井町線・目黒線 大岡山駅 徒歩1分)
会費
無料(意見交換会参加ご希望の場合は当日5,000円頂戴致します)
お申し込み
JCHMのサイトouterよりご登録をお願い致します
※ご参加は原則協賛企業、個人会員、アカデミック関係者、及び学生に限らせて頂きます

プログラム

ワークショップ
9:30~11:30
​​先着20名様(​​協賛企業・アカデミック関係者​​に限る)
※定員に達しました
ランチョンセミナー
​​12:30~13:15
「腸内細菌叢のNGS解析とメタボローム解析(仮題)」
タカラバイオ株式会社
シンポジウム
13:30~13:50
JCHM総会
13:50~14:30
「食由来腸内細菌代謝産物と宿主代謝機能」
東京農工大学 テニュアトラック特任准教授 木村郁夫
14:30~15:10
「大規模メタゲノム解析による遺伝子のデータベース KEGG MGENES / RefGene の開発」
京都大学 准教授 五斗進
15:10~15:30
休憩
15:30~​​16:10
「パプアニューギニア高地人の低タンパク適応における腸内細菌の役割」
東京大学 准教授 梅崎昌裕
16:10~16:40
「野生動物の比較栄養学と腸内細菌研究:域内保全と域外保全をつなぐ鎖」
京都府立大学 教授 牛田一成​
17:00~17:45
Speed networking
意見交換会
18:00~20:00
 

(敬称略)

JCHM 第4回シンポジウム「日本人腸内環境の全容解明と産業応用プラットフォーム」 ポスター

東工大基金

このイベントは東工大基金によりサポートされています。

東工大への寄附 > 東京工業大学基金

お問い合わせ先

生命理工学院 山田研究室

E-mail : info@jchm.jp
Tel : 03-5734-3629

5月16日 山田准教授の役職を修正いたしました。また、ワークショップが定員に達したためコメントを追記いたしました

RSS