Sbv IMPROVER Datathon Japan 参加者募集

RSS

公開日:2017.07.21

フィリップモリス・インターナショナル社が主催する、オミックス情報の生物学的解釈を課題とするデータソン
「sbv IMPROVER」*の参加者を募集します。提供されているデータの分析、解釈を個人、またはチームで行い、結果のサマリーを提出します。有効な分析結果を提出した個人またはチームは、10月13日に東京で開催されるシンポジウムに出席し、他チームとの結果の共有やラウンドテーブルディスカッション、ポスタープレゼンテーション等を行います。関心のある方は、是非ご参加ください。

*「sbv IMPROVER」はSystems Biology Verification(システム生物学検証)を表すsbvとIndustrial Methodology for Process Verification in Research(研究におけるプロセス検証の産業的手法)を表すIMPROVERを組み合わせた言葉です。sbv IMPROVERプロジェクトは、科学的データや研究成果を検証するための新しいクラウドソーシング手法の開発について、科学者が学んだり、貢献したりできるよう設計されています。


対象
20歳以上の学生または研究者
登録・
サマリー提出
締切
2017年9月22日(金)
プログラム詳細
課題について

アポE欠損マウスに8カ月間吸入/中断させた場合のシステム毒性学研究と、ヒト鼻腔上皮の培養組織におけるTHS2.2エアロゾルへの曝露研究からの、オミックスデータの生物学的解釈と影響の定量化を行い、下記リサーチクエスチョンに取り組む。
- 紙巻たばこの煙、または加熱式たばこ「THS2.2」のエアロゾルへの曝露によって、どの経路もしくは生物学的プロセスに摂動が起きるか。禁煙後はどうか。THS2.2 のエアロゾルに切替えた後はどうか。
- 各グループの相対的な摂動を、どのように定量化するか。

今後の日程

・登録期間:6月1日~9月22日(金)
・データ分析・解釈:~9月22日(金)
・シンポジウム出席確認:9月22日(金)以降
・シンポジウム開催
(ザ・プリンスさくらタワー東京):10月13日(金)

参加賞

15,000円の商品券
(※有効な分析結果提出の場合のみ)

お問い合わせ先

フィリップモリス・インターナショナル社
「Sbv IMPROVER」事務局

Email : sbvimprover.rd@pmi.com

RSS