東工大への寄附

ご支援のお願い

学長からのごあいさつ

益 一哉

~挑み続け、未来を創る東工大~

皆様には、創立130周年を契機に創設した東京工業大学基金に対し、継続してご支援いただいておりますことに、改めて御礼申し上げます。多くの方々から頂戴したご寄附は、教育・研究・社会連携・国際交流に関する様々な事業に、有効に活用させていただいております。

本学は、2018年3月に文部科学大臣から指定国立大学法人に指定されました。これを受け、「科学技術の新たな可能性を掘り起こし、社会との対話の中で新時代を切り拓く」ことを方針に掲げ、挑み続け、未来を創る「世界最高の理工系大学」の実現を目指すこととしました。

具体的には、卓越した教育研究活動により優秀な人材を社会に輩出すること、及び優れた研究成果を還元することで社会課題の解決を図るとともに、本学の活動をさらに広く発信し、豊かな未来社会の実現に貢献して参ります。

このような取り組みの推進には財務基盤の強化が欠かせません。「チーム東工大」を構成する同窓生、学生とそのご家族、教職員、企業・団体等の皆様から、引き続き温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

そのご期待に応えるため、これまで以上に機動的・戦略的な大学経営を敢行し、東工大のさらなる飛躍に向けて努力することをお約束いたします。

国立大学法人東京工業大学長

益 一哉

東京工業大学基金について

東工大基金の概要

2011年の創立130周年を契機に創設した基金です。

  • 目的
    長期的に大学運営の財政基盤を強化し、運営上必要な奨学金、教育・研究・環境整備等の費用及び事業投資に充当する。
  • 背景
    国立大学法人化で自主自立型の経営が求められている。日本を代表する理工系総合大学として、今後さらに国際的な競争力を高め、世界最高の理工系大学となることが期待される。

東工大基金の活用

  • 教育

    教育

    • グローバル社会で活躍する修士輩出
    • 世界トップレベル研究者・リーダーとしての博士輩出
  • 研究

    研究

    • 世界的な研究成果とイノベーションの創出
    • システム・基盤整備による研究力の強化
  • 社会連携

    社会連携

    • 教育及び研究成果の社会への還元
  • 国際交流

    国際交流

    • 国際的教育・研究環境の構築

寄附メニュー(支援項目)

寄附メニューを選ぶ

寄附の使用用途を指定できます。

寄附メニューの詳細を見る

東京工業大学 基金室

  • Emailbokin@jim.titech.ac.jp
  • Tel03-5734-2415・2417
  • ※お電話による受付時間:平日(月~金)10:00~17:00
    土日、年末年始、大学の休業日を除きます
  • Fax03-5734-2485