東工大への寄附

学長からのご挨拶

益 一哉

創立130周年事業の一環として創設いたしました東工大基金に対し、皆様には日頃から多大なご支援をいただき、誠にありがとうございます。寄附金は、国際的に活躍できる人材の育成や、世界トップレベルの研究の推進、小・中・高校生の理科教育振興支援などに有効に活用させていただいております。

本学は、世界トップ10に入るリサーチユニバーシティを目指して、教育・研究・ガバナンスの改革を進めております。全体を貫く方針として「科学技術の新たな可能性を掘り起こし、社会との対話の中で新時代を切り拓く」ことを掲げています。こうした将来構想が評価され、2018年3月20日に文部科学大臣から指定国立大学法人の指定を受けました。「自由な発想と協調により、革新的創造を生み、社会に発信し続ける大学」としての役割を果たすべく、自律性が高く尖った人材の才能をさらに伸ばしていくと同時に、「Team東工大」として、こうした人材同士が共鳴し合うことでさらなる高みを目指して参ります。

本学の指定国立大学法人の構想では、革新的な知の創造と社会連携の強化に基づく「好循環」による財政基盤の強化を目指しています。より機動的・戦略的な取り組みを実現するために、引き続き、皆様方の絶大なご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

継続的に定額のご寄附を賜る「東工大サポーターズ会員制度」、長期的な視点が必要な基礎研究分野や地方からの優秀な学生を支援する「大隅良典記念基金」、国内外から優秀な人材を惹きつけ、質の高い教育研究活動を展開するための「キャンパス環境整備基金」など、多様な寄附プログラムを用意しております。こうした趣旨をご理解賜り、皆様のご支援を重ねてお願い申し上げます。

国立大学法人東京工業大学長

益 一哉