大学院で学びたい方

国際大学院プログラム(IGP)入試 FAQ

日程

出願

出願資格

  • 出願資格審査とは?

    大学院修士課程、博士後期課程へは、大学を卒業して学士または修士の学位を有する(または見込み)方ではなくても、一定の条件を満たしていれば出願資格が認められる場合があります。学士または修士の学位を有する(または見込み)方は、出願資格審査を申請する必要はありません。

  • 卒業見込で出願できますか?

    希望するプログラム開始前に卒業する見込であれば出願できます。卒業見込証明書、学位取得見込証明書等(原本)を提出してください。

  • 日本国内に住んでいます。IGP(A)に出願はできますか?

    できません。交換留学等で日本に短期滞在をしている場合は、出願が可能な場合もあります。出願前に入試課に相談してください。

  • 日本国籍保持者です。IGPに出願することは可能ですか?

    海外において長期滞在可能なビザを取得して在住する日本国籍者で、各IGPの出願資格を満たしていて、海外の大学で学位を取得(取得見込みふくむ)している方は出願可能です。

出願期間

出願課程について

  • 修士課程を修了しています。IGP(A)の博士一貫プログラムに出願する場合、博士課程に出願することは可能ですか?

    できません。IGP(A)の博士一貫プログラムを履修する場合、修士課程、博士課程を修了する必要があります。すでに修士課程を終えている場合、短縮できる可能性があります。系によってその基準は異なります。

  • 自国政府等の奨学金を申請する予定です。IGP(B)政府等奨学金受給者、IGP(C)のどちらのプログラムに出願すればいいでしょうか?

    入試で合格することが、奨学金の申請条件になっている場合は、IGP(B)政府等奨学金受給者選抜に出願してください。

  • IGP(A)とIGP(C)の違いはなんですか?

    1) 課程の違い:IGP(A)は5年間の博士一貫課程、2年間の修士課程のプログラムを開講しています。博士一貫課程は、3年から5年の間に修士と博士の学位が取得できるように設計されています。一方で、IGP(C)は2年間の修士課程、3年間の博士課程のプログラムを開講しています。

    2) カリキュラムの違い:IGP(A)は学院が設定したテーマに関連したカリキュラムに沿って実施されています。一方でIGP(C)は系が設定したカリキュラムに沿って実施されています。

    3) 奨学金の違い: 学業成績等に秀でた出願者は日本の文部科学省の奨学金を受給するチャンスがあります。IGP(A)では、同奨学金の特別枠、IGP(C)ではSGU枠へ推薦される機会があります。推薦枠数はIGP(C)が全体で数枠に対して、IGP(A)は各プログラムに数枠があり、推薦されるチャンスがより多くあります。

    4)入学時期の違い:IGP(A)は9月入学のプログラムのみですが、IGP(C)は4月、9月入学のプログラムの募集を行っています。

プログラムの併願について

出願書類

各種証明書について

英語スコア

英語スコアの提出免除

推薦書付き成績評価書

学院長または相当レベルの教員による推薦書

東工大の受入教員による同意書

  • 出願する際には、同意書の提出が必要ですか?

    必要です。IGP各プログラムへの出願を検討する際は、希望する系のHPで公開されている教員一覧、各IGPプログラムの受入教員リストを確認の上、STAR Search、に記載された連絡先に直接連絡を取り、該当教員から受入に同意したことを明記したメールやレター等の同意書類を取得してください。取得した承諾書は入試課へメールで送付して下さい。入試課で内容を確認後、オンライン出願システムのURLおよびPWをご連絡します。

検定料

検定料の支払

検定料の支払免除

検定料の返金

試験について

奨学金について

お問い合わせ先

学務部入試課

Email : ryugakusei@jim.titech.ac.jp