大学院で学びたい方

JICA ABEイニシアティブ

1. プログラム概要

本プログラムは、アフリカ諸国にて産業開発を担う優秀な若手人材を外国人留学生(以下、長期研修員)として日本へ受入れ、本邦大学における英語による修士課程教育と、企業への見学およびインターンシップ実習を実施するものです。

本募集により研修員に採用された者は、2020年9月に研究生として入学します。
長期研修員は本学の入学試験に合格し、2021年4月に大学院正規課程(修士課程)に入学することとなります。この時点で正規課程へ入学できない場合は帰国となります。
長期研修員は夏季休暇インターンシップに参加します。さらに卒業後、最長6ヵ月のインターンシップに参加することも可能です。

受入開始時期
2020年9月
学院及び系等
主な支給内容

学費  (検定料、入学金、授業料)

奨学金 146,000~147,000 円/月(金額は変更となる場合があります。)

航空運賃(来日及び帰国時)

採用人数
数名
受入身分

当初、研究生(2020年9月)

本学入試を経て2021年4月より修士課程学生

※研修員として修士課程から博士後期課程への学内進学は想定しておりません。

受け入れ期間
研究生としての滞在期間(最長6ヵ月)と修了後のインターンシップ実習(最長6ヵ月)を合わせ、最大3年間
募集期間
2020年3月2日-4月1日
提出先
留学生交流課交流推進第2グループ

2. 対象者・長期研修員の待遇等

プログラム詳細、申請方法等はこちらをご確認ください。

(対象者 以下抜粋)

  • 国籍 アフリカ54ヵ国のいずれかの国籍を有する者
  • 年齢 来日年の4月1日時点で、年齢が22歳から39歳までの者
  • 学歴 学士号を取得している者
  • 職歴 民間人材の場合、職務経験を有する者。来日時に日本企業または現地の日系企業に勤務していない者。政府人材の場合、6ヶ月以上の職務経験を有する者。所属組織から応募の承諾を得ている者で、プログラム修了後の復職が確約されている者。

その他

  • 日本の大学にて修士課程を修了するにあたり、十分な英語力および学力を有する者。他の奨学金を受けていない者、受ける予定のない者。

3. 申請方法

申請者は、以下の申請者用WEBサイトを参照し、必要書類・手順を確認してください

受入れ教員は、以下の受入教員用(学内限定)WEBサイトを参照し、必要書類・手順を確認してください

お問い合わせ先

学務部 留学生交流課
交流推進第2グループ

Tel: 03-5734-2236

E-mail: tokyotech.jicaprogram@jim.titech.ac.jp