大学院で学びたい方

JICA SDGsグローバルリーダーコース

1. プログラム概要

本プログラムは、SDGs達成に向けた開発協力を推進するために、各分野の政策課題や開発課題について将来のキーパーソンとなりうる優秀な行政官や研究者等を対象に、本学での教育研究(留学)等を通じ、各国の適切な政策決定や取組みに貢献し、かつ我が国と価値観を共有し平和で豊かな国際社会の実現をリードする高度人材を育成するプログラムです。

本募集により外国人留学生(以下、研修員)に採用された者は、2020年9月に研究生として入学します。

研修員は本学の入学試験に合格し、2021年4月に大学院正規課程(修士、または博士課程)に進学することとなります。この時点で正規課程へ進学できない場合は帰国となります。

受入開始時期
2020年9月
学院及び系等
listoffaculties2020sdgs.pdfPDFを参照ください
主な支給内容

学費 (検定料、入学金、授業料)

奨学金 146,000~148,000 円/月(金額は変更となる場合があります。)

航空運賃(来日及び帰国時)

採用人数
数名
受入身分

当初、研究生(2020年9月)

本学入試を経て2021年4月より修士課程、または博士課程に進学

※研修員として修士課程から博士後期課程への学内進学は想定しておりません。

受け入れ期間
研究生としての滞在期間(最長6ヵ月)を合わせ、修士課程は最大2年6ヵ月間、博士課程は最大3年6ヵ月間
募集期間
2020年3月2日-4月1日
提出先
留学生交流課交流推進第2グループ

2. 対象者・研修員の待遇等

対象者
下記の対象地域(97ヵ国)から、行政・公共政策、財政・金融、国際関係、ビジネス、国際貿易・投資(国によっては他分野での受入可能性有)に関する政策課題や開発課題について将来のキーパーソンとなりうる優秀な若手行政官、研究者等
対象地域、国(97ヵ国)
Southeast Asia
Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippine, Thailand, Timor-Leste and Vietnam (9)
Pacific
Cook Islands, Fiji, Kiribati, Marshall Islands, Federated States of Micronesia, Nauru, Niue, Palau, Papua New Guinea, Samoa, Solomon Islands, Tonga, Tuvalu and Vanuatu (14)
South Asia
Bangladesh, Bhutan, Maldives, Nepal, Pakistan, Sri Lanka (6)
East and Central Asia
Mongolia, Tajikistan, Georgia (3)
Latin America
Jamaica, Ecuador, El Salvador, Dominican Republic, Honduras, Mexico, Dominica, Guatemala, Cuba, Belize, Chile, Peru, Costa Rica, Brazil, Paraguay (15)
Middle East
Iran (1)
Africa
All 49 Sub-Saharan African countries (49)
年齢
来日年の4月1日時点で、年齢が22歳から39歳までの者
学歴
学士号(修士課程入学者)、修士号(博士課程入学者)を取得している者
職歴
現職で6ヵ月以上の職務経験を有する者。所属組織から応募の承諾を得ている者で、プログラム修了後の復職が確約されている者。
その他
日本の大学にて正規課程を修了するにあたり、十分な英語力および学力を有する者。他の奨学金を受けていない者、受ける予定のない者。

3. 申請方法

申請者は、以下の申請者用WEBサイトを参照し、必要書類・手順を確認してください

英文ウェブサイト・申請者用 ※申請者用募集要項・申請様式

受入れ教員は、以下の受入教員用(学内限定)WEBサイトを参照し、必要書類・手順を確認してください

お問い合わせ先

学務部 留学生交流課
交流推進第2グループ

Tel: 03-5734-2236

E-mail: tokyotech.jicaprogram@jim.titech.ac.jp