【通知】2021年度の秋出発にかかる留学・海外渡航に関する取扱いについて

RSS

公開日:2021.07.01

国際教育推進機構で実施しているプログラム(トビタテ!留学JAPANを含む)

のうち、2021年10月までに留学を予定している学生の皆様

国際教育推進機構長

副学長(国際連携担当)

     高 田 潤 一

2021年度の秋出発にかかる留学・海外渡航に関する取扱いについて

令和3年6月15日付け3文科高第333号「日本人学生の海外留学について(周知)」において、大学間交流協定等に基づく1年間(実際の派遣期間9か月以上)の海外留学の再開について、大学に通知があったところですが、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学 JAPAN 日本代表プログラム~」や「日本学生支援機構の海外留学支援制度(協定派遣)」においても、奨学金の支給が一部認められること(9か月以上が対象)になりました。

上記の状況を踏まえ、新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応方針10.教職員・学生等の国外出張と私事渡航に関する方針がレベルⅡ以下において、内容を確認の上、下記の条件をすべてクリアする場合に、原則、海外渡航を認めることとします。

なお、受入機関等から要請がなければ、ワクチン接種を条件としませんが、接種した場合は、副反応等に考慮して、2回目の接種から2週間程度の経過観察を経て、出発日を調整することを推奨します。

また、今後のコロナウイルス感染症を取り巻く状況により、取り扱いを検討する可能性がありますので、ご了解ください。


・家族・保証人及び指導教員に相談し、同意を得ること。

・派遣先機関が受入を実施していること。

・派遣留学先(国・地域)の海外安全情報の危険レベルがレベル1以下であること。

・派遣留学先(国・地域)の海外安全情報の感染症危険レベルがレベル1以下、または、レベル2または3であり、その事由が新型コロナウイルス感染症の影響であること。(ただし、本来であれば、不要不急の渡航取り止め、渡航中止勧告であることに留意し、安全管理を徹底すること)

・渡航先の感染状況や感染防止策、感染した場合の現地の医療体制、帰国時の防疫措置の把握を確認すること。

・派遣留学先(国・地域)が日本からの渡航を制限しておらず、渡航に必要なビザが発行される等、渡航ができること。日本からの入国に際して、一定期間の隔離措置等がある場合、それを遵守すること。

・本学指定の海外留学保険および危機管理サービスに加入済であること。

お問い合わせ先

〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 TP-003
学務部留学生交流課交流推進第2グループ

Email : ryu.kor2@jim.titech.ac.jp
Tel : 03-5734-7645

RSS