第2クォーターからの授業実施に関する大学の考え方ついて

RSS

公開日:2021.06.09


理事・副学長(教育担当)
水本 哲弥

 6月20日(日)まで緊急事態宣言が延長になった状況下で、6月11日(金)から第2クォーターが始まります。学生の皆さんには、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に協力いただき、感謝しております。皆さんお一人おひとりの思慮のある行動のおかげで、クラスターを出すことなく授業や研究活動を継続できています。今まで頑張って続けてきたことを徹底するほかに、新型コロナウイルス感染症を防ぐ手立てはありません。
 皆さんが非常につらい状況にあることを本学教職員も理解していますし、大学だけでは状況を打破できないことを悔しく思っています。制約があるかもしれませんが少しでも良い大学生活になるよう、学生の皆さんのために日夜奮闘している教職員がいることを忘れないでください。
 改めて、本学の授業の実施に関する考え方をお伝えしますので、確認のうえ引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のご協力をお願いします。なお、大学は学生と教職員の生命と健康を必ず守るという基本方針は変わることはありません。
 (参考)https://www.titech.ac.jp/enrolled/news/2021/049309
  • 本学は、学生の皆さんの学修機会の確保を第一とします。
  • 学生同士、学生と教員が交流することが、皆さんの成長に重要であることも十分に承知していることから、キャンパスでの学びを重視します。
  • ただし、大学の設備等による物理的な制約(教室の広さ・数、適切な距離の確保、ネットワークへのアクセスポイント数など)や通学時間の確保などの問題があり、全員に対面授業を実施することができません。
  • そうした条件下で、可能な限り工夫した時間割にしていること、また研究室での研究活動にも一部制約があることを、ご理解ください。
  • 本学は、学生の皆さんが大学生活を継続できるように、最大限の感染防止策を徹底します。
  • 学生の皆さんも、引き続き各自感染防止策を講じて、細心の注意を払ってくださるようお願いします。
    ・マスクを外して会話することは、厳禁です。
    ・食事は一人でとり、複数人で食事をとらないようにしてください。
    ・こまめな手洗い、指先消毒、換気を行ってください。

お問い合わせ先

教務課総務グループ

Email : kyo.som@jim.titech.ac.jp

RSS