教育

データサイエンス・AI全学教育プログラム

今日のディジタル情報化社会においては、データサイエンスや人工知能(AI)の果たす役割が急速に大きくなっており、社会生活、産業経済、研究開発などあらゆる分野の基盤となり始めています。このような状況を踏まえて、東京工業大学では理工系総合大学としての特徴を生かし、一人ひとりの専門分野を越えて領域横断的にデータサイエンス・AIを駆使して社会的課題を解決できる「共創型エキスパート」人材を育成することを目的とした「データサイエンス・AI全学教育プログラム」を実施しています。

このプログラムは全ての学院と卓越教育院および複合系コースの教員が参画する「データサイエンス・AI全学教育機構」によって、大学全体としてデータサイエンス・AI教育を推進するものです。本教育プログラムは学士課程を対象とするリテラシーレベル、応用基礎レベル、大学院を対象とするエキスパートレベル(2022年度後期以降を予定)で構成されています。特にリテラシーレベルおよび応用基礎レベルは、文部科学省 数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(MDASH)に準拠した科目構成となっており、リテラシーレベルはMDASHに認定済、応用基礎レベルについてもMDASHに申請を予定しています。

データサイエンス・AI全学教育プログラム

データサイエンス・AI全学教育プログラム

リテラシーレベル

数理・データサイエンス・AIの基礎的素養を習得し、それらを利活用できる基本的な能力を身につけることを目標とします。

応用基礎レベル

リテラシーレベルの素養を基に、よりレベルの高い発展的素養や実践スキルを習得し、データサイエンス・AIを駆使した問題解決の能力を身につけることを目標とします。

エキスパートレベル

大学院修士課程・博士後期課程学生向けのデータサイエンス・AI全学教育プログラムの準備も進めており、リテラシーレベル、応用基礎レベルと合わせて学士課程から大学院までの一貫したデータサイエンス・AI教育を実施し、本プログラムの目的である「共創型エキスパート」人材の育成を実現します。

詳細は、データサイエンス・AI全学教育機構のウェブサイトをご参照ください。

お問い合わせ先

データサイエンス・AI全学教育機構事務室

Email office@dsai.titech.ac.jp