給与奨学金

募集中の給与奨学金(返還不要)一覧

『推薦人数』欄に人数が記載されている奨学金は大学推薦が必要です。申請方法をこちらのページからご確認いただき、学内締切日までに学生支援課に申請してください。

参考のため、募集終了分のページに募集を終了した給与奨学金の一覧を掲載します。

    • 学部生・学士生

    • 授業料の自己負担分(最大20万円)

    団体名

    公益財団法人 CTC未来財団 「2022年度授業料補助金」

    対象者

    学士課程生

    推薦人数

    10名

    出願資格

    ・学士課程学生 ・2022年度前期の授業料の一部減額(2/3免除、1/3免除、半額免除)を受けている者 ・ITを通じて社会に貢献するための勉学に励んでいる学生であること

    月額

    授業料の自己負担分(最大20万円)

    支給期間

    一時金

    他奨学金との重複

    学内選考申請締切

    2022年9月28日

    備考

    • 学部生・学士生

    • 大学院生

    • 60万円/件~150万円/件

    団体名

    公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団 

    対象者

    学士課程生、大学院生

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    【体験助成】2023年4月~2024年3月の間に行われるスポーツにかかわる技能・体力の向上、体験等を目的とした取り組み。(満16歳以上の個人・団体) 【研究助成】2023年4月~2024年3月の間に行われるスポーツにかかわる学問研究活動を目的とした取り組みをする者。(博士課程学生または研究者)

    月額

    60万円/件~150万円/件

    支給期間

    1年間

    他奨学金との重複

    備考

    財団ホームページで募集要項等を確認の上、申請して下さい。
    応募締切:2022年10月31日(月)正午

    • 学部生・学士生

    • 月額8万円 さらに申請による補助金(授業料、活動費等)有

    団体名

    公益財団法人 佐藤陽国際奨学財団「大学院進学支援〈あくなき探求〉奨学金」

    対象者

    学士課程4年

    推薦人数

    2名

    出願資格

    (1)2023年4月から大学院修士課程に進学が決定または内定していること ※進学する大学院は在籍大学以外でも可。但し、関東7都県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)の大学院に限る。 (2)研究目標が明確であり、修士課程修了後も博士課程で研究を続行する計画があること (3)学業・研究に支障のない英語力を有すること、あるいは目標をもって英語力向上に努めること (4)財団設立者の理念を理解し、グローバルな視野をもち社会貢献に積極的であること

    月額

    月額8万円 さらに申請による補助金(授業料、活動費等)有

    支給期間

    学士4年後期(2022年10月)から修士標準修業年限まで

    他奨学金との重複

    他の給付型奨学金等の受給不可。但し、学部4年次に給付型奨学金を既に受給している場合は 5 万円まで併給可。5 万円を超える場合は要相談

    学内選考申請締切

    2022年9月12日

    備考

    ・面接選考:10月29日(土)又は30日(日)に東京にて実施
    ・認証式:2022年 11月 13日(日)(出席必須)
    ・採用後、異文化交流を目的とする当財団の交流会(年 6 回、主に東京で開催、交通費支給)に出席必須。支援終了後も財団の交流活動やネットワーク構築等に積極的に協力すること。

    • 学部生・学士生

    • 月額50,000円

    団体名

    公益財団法人 公益推進協会 「荒木秀夫奨学金」

    対象者

    学士課程1年

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    ・学士課程1年生 ・世帯収入が、給与所得者の場合400万円以内、給与所得者以外の場合は200万円以内(両親のいずれかが会社経営者の場合は対象外)

    月額

    50,000円

    支給期間

    3年間(2023年4月~2026年3月)

    他奨学金との重複

    民間等の給付型奨学金は不可

    備考

    申請希望者は財団ホームページで要項を確認の上、願書等をダウンロードして、必要書類を財団に郵送してください。

    応募期間:2022年9月1日~12月23日(財団必着)

    ・最終決定は進級確認後(4月以降)で、奨学金交付には進級に関する在学証明書の提出が必要。

  • 団体名

    一般財団法人 人間塾 井上和子スカラーシップ

    対象者

    応募時学士課程1~3年生

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    応募時学士課程1~3年生。30歳未満。 財団主催の研修やセミナー等に出席できる者。

    月額

    100,000円

    支給期間

    1年(2023年4月~)

    他奨学金との重複

    給与は不可

    備考

    応募希望者は必ず説明会(8/28、9/11または10/16)に出席すること。
    書類一次選考の後(結果は11月中旬)、面接二次選考(11月下旬~1月)あり。
    申請書類等、詳しくは財団HP(http://www.ningenjuku.or.jp/)参照のこと。
    応募期間:2022年8月1日~10月31日

    • 学部生・学士生

    • 大学院生

    • 学士課程30,000円、修士課程50,000円

    団体名

    公益財団法人 林レオロジー記念財団

    対象者

    学士課程2・3・4年、修士課程1年

    推薦人数

    学士課程6名以内、修士課程6名以内

    出願資格

    未来に役立つ理論・メカニズムの設計工学・ロボット工学・AI技術・IT技術・制御工学等の自動製造システムに関する学問を習得又は学術研究を志す工学部・理学部系の学生。または「食品産業に関する」農水産学・生命科学系等の学生。2022年4月に学士課程3・4年に進級、または修士1年に進学、もしくは修士2年に進級する者。 前年度応募者および奨学生も今回応募可。

    月額

    学士課程30,000円、修士課程50,000円

    支給期間

    2023年4月から最短修業年限

    他奨学金との重複

    学内選考申請締切

    2022年10月 5日

    備考

    ・学内選考を通過した場合、小論文(750文字以上800字以内)の作成があります。

    ・秋入学の方は応募はできません。

    ・採用可否が決定(2月下旬予定)するまで、他奨学金の学内選考申請はできませんので、ご留意ください。

    • 学部生・学士生

    • 80,000円

    団体名

    一般財団法人 種とまと財団

    対象者

    学士3年、学士4年(修士課程進学決定者)

    推薦人数

    1名

    出願資格

    工学系、理学系、情報系の分野で修学している(予定)者(医・歯学系、看護・保険・福祉系、薬学系、農学系、文系は対象外) 学士課程3年生(4年生への進学が見込まれる者)及び学士課程4年生(修士課程への進学が決定している者)

    月額

    80,000円

    支給期間

    2023年4月から最短修業年限

    他奨学金との重複

    日本学生支援機構以外不可

    学内選考申請締切

    2022年9月28日

    備考

    学士3年生は4年進学後1年間支給、学士4年生は修士課程進学後2年間支給

    • 学部生

    • 20万円(年額)を一括支給

    団体名

    一般社団法人 大学女性協会(チャレンジ奨学金)

    対象者

    学士課程3年

    推薦人数

    若干名

    出願資格

    東京支部チャレンジ奨学金:現在学士課程3年次に在籍する者で、2年以上の就労経験を経て大学で勉学中の意欲あふれる女子学生。卒業後は再び就業し、広く社会に貢献することを条件とする。

    月額

    20万円(年額)を一括支給

    支給期間

    年額を一括支給

    他奨学金との重複

    学内選考申請締切

    2022年10月 5日

    備考

    希望者は2022年10月5日までに学生支援課に申し出ること。その後、2022年10月13日までに応募書類を揃えて学生支援課に提出すること。書式は財団HP
    https://www.jauw.org/shibuactivity/2022tokyochallenge/)からダウンロードできます。

    • 大学院生

    • 70,000円

    団体名

    一般財団法人 高久国際奨学財団

    対象者

    博士課程

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    (1) 関東地域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の大学院に在籍し、日本国籍を有する。 (2) 2023年4月時点で日本の大学院博士後期課程在籍または、2023年4月以降の入学が許可されており、合格証明書等、入学の内定を証明できる書類のいずれかを提出できる者。 (3) 国際理解と親善に関心を持ち、貢献を意図する学生。 (4) 月例会(月に1回、土曜日)への出席、月末に400字のレポートの提出必須。

    月額

    70,000円

    支給期間

    1年間

    他奨学金との重複

    給付奨学金や助成金は不可

    備考

    応募期間:2022年9月1日~9月30日(当日消印有効)
    詳細な手続きや申請書類はHPから取得すること。

    • 大学院生

    • 月額250,000円

    団体名

    公益財団法人 渥美国際交流財団

    対象者

    博士課程生

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    ・博士課程に在学し、奨学金支給期間に博士号取得見込の者 ・居住地が関東地方(1都6県)にある者 ・受給期間に正規の職(常勤職)に就いたり、他の奨学金を受ける予定の無い者 ・国際理解と親善に関心を持ち、財団の交流活動に積極的に参加する意思がある者 (条件ではないが、外国語能力が高いことが望ましい)

    月額

    250,000円

    支給期間

    1年間 (2023年4月~2024年3月、または2023年9月~2024年8月)

    他奨学金との重複

    給付額が月額10万円以上のものは不可

    備考

    申請希望者は財団ホームページで要項を確認の上、願書等をダウンロードして、必要書類を財団に郵送してください。

    応募受付期間:2022年9月1日~9月30日(午後5時必着)

    • 学部生・学士生

    • 大学院生

    • 年額150万円(1回限り)

    団体名

    CWAJ視覚障害学生奨学金

    対象者

    学士課程生・大学院生

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    ・視覚障害(1-6級)があり日本国籍あるいは永住権を保有し、出願時に日本に在住する者 ・2023年3月までに学士課程2年を修了する者、または2022年3月までに国内の4年制大学を卒業し、2023年4月に大学院に在籍する者

    月額

    年額150万円(1回限り)

    支給期間

    1年間

    他奨学金との重複

    給付額が年100万を超える場合は不可(貸与は可)

    備考

    募集要項・願書は、財団HPよりダウンロードすること。(2023年度の募集要項等は7月1日以降に掲載予定)

    希望者は2022年11月1日~9日に財団に直接申請(オンライン出願のみ)すること。

    • 学部生・学士生

    • 大学院生

    • 200万円(一括支給)

    団体名

    公益財団法人 経団連国際教育交流財団

    対象者

    学部2・3・4年、修士課程

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    日本国籍を有する者または日本への永住が許可されている者。交換留学、協定校留学、私費留学等で2023年度中に留学を開始し、約1年間留学する者。(詳細は募集要項参照)

    月額

    200万円(一括支給)

    支給期間

    一括支給

    他奨学金との重複

    不可

    備考

    希望者は財団HPからインターネット上の応募シートから登録。
    応募受付期間:2022年7月14日(予定)~2022年9月13日

    • 学部生・学士生

    • 大学院生

    • 一時金10万円

    団体名

    一般財団法人 全国大学生協連奨学財団 「たすけあい奨学制度」

    対象者

    学士課程生、大学院生

    推薦人数

    直接応募

    出願資格

    扶養者が死亡したため、学業継続が経済的に著しく困難である者 ※扶養者死亡後原則として6か月以内の提出であること

    月額

    一時金100,000円

    支給期間

    一括支給

    他奨学金との重複

    備考

    ・申請希望者は財団HP上にて、募集要項を確認の上、必要事項を登録して応募すること。

    ※2022年2月1日からの変更点
    ・応募用紙の変更(以前の用紙は使わないこと) ・書類提出の回数減(3回→最短2回)・提出様式の簡素化 ・給付対象外の学生へのお見舞い(図書カード贈) 等