高等教育の修学支援新制度

令和2年4月より新しい修学支援制度が開始となり、以下の2つの支援が受けられます。
※本制度は、学士課程のみが対象です。

1.
給付奨学金の支給(日本学生支援機構(JASSO))
2.
授業料等減免(授業料・入学料の免除)

支援対象となるためには、上記1.の給付奨学金に申請し、採用されることが必要です。
(授業料等減免を希望される方は、給付奨学金も「申請」が必要です。)
申請方法等をよくご確認の上、忘れずに申請を行ってください。
なお、授業料等減免を申請することで、結果通知までは徴収が猶予されます。

授業料等の徴収猶予「のみ」を希望する方には、入学手続時にご案内します。

新制度の文部科学省等による詳細は、下記のサイトよりご確認ください。

日本学生支援機構『給付奨学金』

予約採用進学届、編入学継続願

【予約採用進学届】

予約採用候補者の方は、奨学生として正式に採用されるためには進学届を提出しなければなりません。
進学届が提出されない場合は、奨学金を辞退したことになります。
このページ下部で案内している『授業料等減免』についても、所定の期限内に併せて申請する必要があります。

【編入学継続願】

高専等から本学に編入学し給付奨学金の継続を希望する場合は、記入例等を熟読の上、継続願を提出すること。
提出が無い場合は、奨学生としての身分を失うこととなります。
提出時期が4月頭⇒初回振込月は5月、4月中下旬⇒初回振込月は6月です(いずれも目安)
このページ下部で案内している『授業料等減免』についても、所定の期限内に併せて申請する必要があります。

申請資格要件

  • 日本国籍、法定特別永住者、永住者等又は永住の意思が認められる定住者であること
  • 大学等への入学時期等に関する資格を満たすこと
  • 資産基準を満たすこと

などがあります。審査上では、学力基準等があります。詳細は、下記のサイトよりご確認ください。

※家計急変事由者については、下記問合わせ先にお申し出ください。

休学中の学生及び留年経験のある又は標準修業年限を超過した学生(※)は申請できません。
※災害、傷病、その他やむを得ない事由があると認められる時を除く

給付奨学金申請要領

※日本学生支援機構予約採用候補者及び採用済給付奨学生は、申請する必要はありません。
※誤った区分の本学Webフォーム・スカラネットへの入力(登録)は無効です。

【マイナンバーの提出】
JASSOに直接提出するために必要な『マイナンバー提出書のセット』の入手方法は、次の二通りの予定です。
 1.Taki Plaza 1Fのロビーにて平積み配布されているものを入手
 2.申請者から学生支援課経済支援グループ宛てに、返信用封筒を送付し、返送を受けて入手
詳細は、申請要領内に掲載する本学Webフォーム内に記載します(上記いずれかを選択する必要があります)
※スカラネット入力には、上記セットに封入の「マイナンバー提出書」に記載の情報が必須です

マイナンバーの提出方法・身元確認書類の問合わせは、本学ではお答えができません。
次のリンク内の「マイナンバー提出の専用コールセンター」にお尋ねください。

給付奨学金Web配布様式等

【給付奨学金用】
【貸与奨学金併用申請用】

採用者向け案内(給付奨学生のしおり等)

授業料等減免

住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生である場合は、本人の申請に基づき、本学において審査の上、支援区分に応じた授業料等減免をすることがあります。

※家計急変事由者については、下記問合わせ先にお申し出ください。

休学中の学生及び留年経験のある又は標準修業年限を超過した学生(※)は申請できません。
※災害、傷病、その他やむを得ない事由があると認められる時を除く

授業料等減免申請要領

※学籍番号により申請手続きが異なります。よくご確認の上、申請してください。
※日本学生支援機構の給付奨学生で、かつ、授業料等減免認定者は申請する必要はありません。

【新入生及び学籍番号が20B以降で始まる在学生】

【注意事項】
新入生・編入学生のうち入学料減免・徴収猶予を希望する者は、申請期間に先立ち、入学手続時に『入学料・授業料徴収猶予申請書』(入学手続書類に同封)を所定の期間・方法により提出してください。

【学籍番号が19B以前で始まる在学生】
学籍番号が19B以前で始まる学生の申請書類は別ページでの案内となります。
申請手続の詳細は、以下のページにて確認してください。

【申請場所】
大岡山キャンパス Taki Plaza 1F
学生支援課 経済支援グループ(TP-102)
開室時間:『手続き窓口マップ』や『お知らせ』をご確認ください。
申請の受付期間は、必ず申請要領を確認し、そちらの記載に従ってください。

授業料等減免Web配布様式

必要な申請書類及び提出方法は、申請者によって異なります。
申請要領をよく読み、該当の申請書類を全て作成し、所定の方法により提出してください。

【新入生及び学籍番号が20B以降で始まる在学生】

【学籍番号が19B以前で始まる在学生】
学籍番号が19B以前で始まる学生の申請書類は別ページでの案内となります。
申請書類の詳細は、以下のページにて確認してください。

授業料減免継続願

減免を受けた後も、在学中に継続して減免の支援を受けようとするときは、授業料減免継続申請書の提出が必要です。結果通知に関しては「結果通知・適格認定」を参照してください。

授業料減免継続申請書の提出がない場合、支援は「停止」され、減免を受けることができません。
支援が停止した場合も、次回のタイミングで継続願の提出があれば、支援は再開します。ただし、停止期間中を遡及して支援を実施するものではありません。

JASSO奨学金の継続願とは別制度です。そちらも別途提出が必要です。

結果通知・適格認定

給付奨学金と授業料等減免の結果通知時期・方法はそれぞれ異なります。
日本学生支援機構の給付奨学生に採用された方は、採用における支援区分に応じて支援を受けられます。
採用(認定)後も、下記の適格認定により、支援区分は変更となることがあります。

  • 【給付奨学金】
    • 通知時期:申請要領に明記のとおり
    • 通知方法:申請時に奨学金結果通知用封筒を提出した場合は郵送、それ以外は窓口受取
  • 【授業料等減免】
    • 通知時期:前学期は7月末頃を予定
    • 通知方法:申請時に必須提出である減免結果通知用封筒により郵送
      ※授業料減免継続願に対する結果通知は、メールにより通知予定
  • 減免(徴収猶予)申請をしたら結果が出るまでは入学料及び授業料の納付はしないでください。
  • 審査の結果、3分の2免除、3分の1免除又は不認定になった場合は、所定の期日までに入学料及び授業料を納付する必要があります。
  • 支援区分は、適格認定(家計)により、奨学生本人及び生計維持者の経済状況に応じて見直しが毎年行われ、10月以降の1年間(家計急変事由者は3か月ごと)の支援区分を決定します。
  • 見直しの結果、支援区分に変更があった場合、10月以降の1年間の支援(給付奨学金支給月額・授業料減免額)が変更されます。
  • 毎年度末の成績等によっては、適格認定(学業)により、廃止又は警告の処置を受けることがあります。廃止の際に成績が著しく不良の場合は、給付奨学金及び授業料減免額の返還を求めることがあります。
  • 適格認定(学業)の本学の標準単位数は、卒業要件の124単位を標準修業年限の4年で除した31単位に在籍年数を乗じたものです(例:1年次末なら124÷4×1=31単位)
  • 本学における給付奨学金の適格認定の手続は「適格認定」で確認してください(毎年12月頃更新予定)

問合わせ先

授業料等減免に関して分からないことがありましたら、次の専用フォームよりお問い合わせください。
情報の正確な伝達のため、学生本人からお問い合わせください。※事故・病気等の真にやむを得ない場合を除く
電話での対応は承っておりません。あらかじめご了承ください。

JASSO奨学金については、次のページ内を熟読の上、お問い合わせください。

日本学生支援機構(JASSO)奨学金事務担当窓口

https://www.titech.ac.jp/student-support/students/tuition/jasso/contact