適格認定

「継続願」提出手続

奨学金の受給中は、毎年1回(冬・12月~1月頃)「継続願」を提出してください。

この手続きを怠った奨学生は、奨学金の振込保留、停止又は廃止になることがあります。


「奨学金継続願」及び「給付奨学金継続願」は、スカラネット・パーソナルouterから提出してください。
 ※スカラネット・パーソナルの登録には奨学生番号が必要です。
 ※奨学生番号は、奨学生証又は返還誓約書(本人控)で確認してください。
 ※奨学生証等が手元に無く、確認できない場合は、奨学金相談センターouterにお問い合わせください。

奨学金の適格認定対象者は、下記の提出期限までに必ず手続きを行ってください。
自身の全ての奨学生番号について提出する必要があります。併用貸与・併給受給者は忘れずに手続きしてください。


スカラネット・パーソナルによる継続願提出期限(貸与・給付共通)

2021年1月15日(金)【厳守】※12/29~1/3は利用できません。

※入力しない場合は、貸与奨学生は、資格が廃止され、4月以降の奨学金の振込はされません。
  給付奨学生は、支援が停止され、4月以降の奨学金の振込はされないほか、授業料減免が適用されません。

○ 継続願の提出にあたって【重要】

1.
スカラネット・パーソナルで「貸与(給付)額通知」を確認し、継続願の提出が「必要」か確認してください。
「貸与(給付)額通知」の書面発行は,日本学生支援機構が廃止したため交付はありません。
2.
提出にあたっては、次の資料を参考に入力してください(資料そのものは提出しないでください)。
 ・ 「奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて[学士]PDF
 ・ 「奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて[修士・博士]PDF
 ・ 「給付奨学金継続願」の提出(入力)手続きについてPDF
3.
【貸与奨学生向け】収入及び支出の入力状況について
収支差が学士課程36万円以上、大学院課程45万円以上となった場合、計算誤りが無いか必ず確認してください。
誤りが無い場合は、貸与奨学金の減額又は辞退をご検討ください。
※JASSOが不均衡と認める収支差のため

どちらも不可能である場合は、その理由詳細を含めて、継続願上で経済状況を報告してください。

※学士「8.あなたの経済状況を具体的に説明してください」で報告
※大学院「6.あなたの経済状況を具体的に説明してください」で報告
4.
【大学院生向け】JSPS特別研究員採用申請(決定)者について
次のとおり取扱います。採用決定者は、辞退の手続きを確実に行ってください。
・1月15日までに採用決定 → 採用が決定後、速やかに継続願上で辞退の報告を行う
・1月16日以降に結果通知 → 継続願は期限までに提出。採用が決定した場合は直ちに『異動願』を提出する
5.
継続願のお問い合わせは、専用フォームからのみ受付けます(継続願提出はこちらではできません)

〇 適格認定対象者(貸与)

第一種奨学生,第二種奨学生で、2020年10月末現在振込中又は保留中の者

なお、次の者は今回の適格認定からは除かれますので入力不要です。

1.
2020年度内満期者
2.
休止中又は停止中の者(11月以降提出日までに休止又は停止となった者を含む。)。
3.
保留中で,昨年度の「貸与額通知」に表示された「振込明細」以降に振込みがなかった者。
4.
異動手続き中の者
5.
2020年11月以降の採用決定者(翌年の対象となります。)
6.
2020年度緊急採用者(「緊急奨学金継続願」提出者を含む。)
7.
継続願提出期限において「留学奨学金継続願」が承認されている者

〇 適格認定対象者(給付)

2020年10月末現在振込中,保留中又は停止中の者

なお、次の者は今回の適格認定からは除かれますので入力不要です。

1.
2020年度内満期者
2.
休止中の者(11月以降提出日までに休止となった者を含む。)。
3.
異動手続き中の者
4.
2020年11月以降の採用決定者(翌年の対象となります。)
5.
2020年11月以降に給付終期延長
6.
継続願提出期限において「留学奨学金継続願」が承認されている者

奨学生の学業成績

学業成績が奨学生としてふさわしくない学生(留年者:学部(学士)生における学科(系)未所属者、研究室未所属者等)は、その状況により、振込保留・停止の処置がとられます。
留年の事実が判明した場合、直ちに学生支援課経済支援グループ宛てにメールで連絡してください。
留年の事実を申告せず奨学金が振込まれた場合、振込超過となり、速やかに返金手続きを行わなければなりません。

給付奨学生が、修業年限内で卒業できないことが確定した場合は、即時廃止となります。

(災害、傷病その他のやむを得ない事由がある場合を除く)