高等教育の修学支援新制度

2020/05/08

第2回募集を行います。詳細は,各申請案内をご確認ください。

【日本人学士】第2回日本学生支援機構給付奨学金及び授業料等減免の募集についても必ずご確認ください。

給付奨学金の在学予約申請者及び予約採用者は,給付奨学金の在学申請は必要ありませんが,授業料減免の申請は必要です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う本学の方針により,4月13日~6月21日(延長)まで窓口を閉鎖します。

その間のお問い合わせは,全てメールでお願い致します(電話応対は受け付け致しかねます。)。

お問い合わせの際は,メールの件名に,ご用件及び学籍番号を必ず明記してください。

例:「JASSO学士給付奨学金の〇〇について 20Bxxxxxx」「学士授業料等減免の〇〇について 20Bxxxxxx」

本文にも,学籍番号,氏名及び電話番号(メールが受信拒否される場合があります)を明記してください。

なお,メールの返信対応は,通常よりもお時間をお時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

令和2年4月より新しい修学支援制度が開始となり、以下の2つの支援が受けられます。

1.
給付奨学金の支給(日本学生支援機構(JASSO))
2.
授業料等減免(授業料・入学料の免除)

支援対象となるためには、上記1.の給付奨学金に申請し、採用されることが必要です。

(授業料等減免を希望される方は、給付奨学金も「申請」が必要です。)

申請方法等をよくご確認の上、忘れずに申請を行ってください。

なお,授業料等減免を申請することで,結果通知までは徴収が猶予されます。

授業料等の徴収猶予「のみ」を希望する方には,入学手続時にご案内します。

 

新制度の文部科学省等による詳細は,下記のサイトよりご確認ください。

日本学生支援機構『給付奨学金』

令和元年度在学予約採用の結果通知は,令和2年4月中旬又は5月中旬を予定しています。

初回振込は,令和2年4月21日又は5月15日の予定です。

 

申請資格要件

  • 日本国籍、法定特別永住者、永住者等又は永住の意思が認められる定住者であること
  • 大学等への入学時期等に関する資格を満たすこと
  • 資産基準を満たすこと

などがあります。審査上では,学力基準,収入基準などがあります。詳細は,下記のサイトよりご確認ください。

給付奨学金申請案内

令和2年度在学採用の募集については以下をご確認ください。

【注意事項】

新入生は,申請期間に先立ち,入学手続時に『「高等教育の修学支援制度」に係る入学料・授業料の減免申込意思等確認書』(入学手続書類に同封,下記申請書類内にも掲載)を所定の期間・方法により提出してください。

提出がない場合は,申請を一切認めません。

 

申請時の通学形態を自宅外通学を選択した方には,自宅外通学証明書(賃貸借契約書等のコピー)を求めます。賃貸借契約書等が学生本人名義以外の場合,居住者証明書・入居申込書等を自宅外通学証明書と併せて提出する必要があります。

 

給付奨学金Web配布様式等

【給付奨学金用】

 

授業料等減免

住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生である場合は,本人の申請に基づき、本学において審査の上、支援区分に応じた授業料等減免をすることがあります。

※家計急変事由者については,下記お問い合わせ先にお申し出ください。

授業料等減免申請案内

新入生と在学生で申請手続きが異なります。よくご確認の上,申請してください。

【新入生】

前期の募集については以下をご確認ください(後期の募集は未定です。)。

【注意事項】

新入生は,申請期間に先立ち,入学手続時に『「高等教育の修学支援制度」に係る入学料・授業料の減免申込意思等確認書』(入学手続書類に同封,下記申請書類内にも掲載)を所定の期間・方法により提出してください。

提出がない場合は,申請を一切認めません。

【在学生】

在学生の申請は別ページでの案内となります。申請手続の詳細は,以下のページにて確認して下さい。

 

申請場所

大岡山キャンパス 大岡山西8号館1階

学生支援課 経済支援グループ(W8-E102)

受付時間 8:30~17:15(土日祝日を除く)

 

授業料等減免Web配布様式

必要な申請書類及び提出方法は,申請者によって異なります。

申請案内をよく読み,該当の申請書類を全て作成し,所定の方法により提出してください。

【新入生】

 

結果通知

日本学生支援機構の給付奨学生に採用された方は,採用における支援区分に応じて支援を受けられます。

結果については,本人に封書により通知します。

 

4月入学者の授業料等減免の結果は7月中旬を予定しています。

  • 免除申請をしたら結果が出るまでは入学料及び授業料の納付はしないでください。
  • 審査の結果、3分の2免除,3分の1免除又は不認定になった場合は、所定の期日までに入学料及び授業料を納付する必要があります。

お問い合わせ先

分からないことがありましたらメールでお問い合わせください。

学籍番号・氏名・電話番号は必ず記載してください。

折り返しメール又は電話で回答させていただきます。

東京工業大学 学務部 学生支援課 経済支援グループ

E-mail : gak.kei@jim.titech.ac.jp