大学を通した応募

更新日 2019年12月13日

大学の推薦が必要な奨学金をお知らせします。詳細は各募集要項を必ずご確認ください。

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN

2020年度【後期】官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN(第13期生)<募集中>
概要
本プログラムは学生が自ら計画した留学プランを審査し、合格者に対して所定の奨学金等を支給するものである。留学内容は派遣交換留学を含む各種留学やインターン等、受入機関が存在するものであれば種類を問わない。合格者は事前・事後研修への参加や留学中に日本の広報活動(アンバサダー活動)を行うこと、留学後に留学に関する普及活動(エヴァンジェリスト活動)に協力すること等が求められる。
募集要項等

2020年8月10日~2021年3月31日までの間に留学を開始し、留学期間が28日以上1年以内の留学計画である場合、本奨学金プログラムの対象となります。

詳細については、募集要項等詳細またはトビタテ!留学JAPANウェブサイトをご確認ください。https://tobitate.jasso.go.jp/

【募集要項】

・募集要項(学内)PDF

・募集要項(JASSO、家計基準を下回る場合)PDF

・募集要項(JASSO、家計基準を上回る場合)PDF

・学生向け応募の手引き(JASSO)PDF

・応募説明会資料(JASSO)PDF

・【動画】応募時の注意点(JASSO) https://www.youtube.com/watch?v=im2q2rDU_7E&feature=youtu.be

      【提出書類】
※詳細は募集要項をよく確認すること!
    • 1.第13期トビタテ!留学JAPAN  学内申請書xls
    • 2.受入許可証(受入承諾の意向を示す資料)
    • 3.家計状況申立書・・・1部(様式  学士課程用 word 大学院課程用word
    • 4.授業料の根拠となる資料(授業料申請者のみ/授業料不徴収プログラムで応募される方は提出不要)

上記1~4のご提出を確認後、オンライン入力用のコードを学内募集応募者に通知します。

提出先・問合せ先
学務部留学生交流課 派遣担当
大岡山キャンパス 南6号館3階 308
学内便 S6-7
電話:03-5734-7645
オフィスアワーは9:00~12:00、13:30~17:00
学内〆切・提出物

※以下の①②の提出をもって応募完了となります。

① 2020年2月3日(月)11時  提出書類1~4を紙媒体で提出
② 2020年2月9日(日)中  (提出書類5)オンライン入力、申請

民間財団学位留学用奨学金

民間財団学位留学用奨学金(2020年度出発)
概要
海外の大学院等における学位取得等を目的とした長期留学に対して,各種民間財団等から学費などを支援していただく奨学金で,本学を通して出願する下記の5つの奨学金プログラムについて,受給希望者を募集する。応募者は,学内選考の上,合格した場合には,本学から各財団へ推薦される。ただし,これらの選考は,本学の推薦候補者を選考するものであり,奨学生としての最終決定は,各財団における選考結果による。
募集要項等
      【提出書類】
提出先・問合せ先
学務部留学生交流課 派遣担当
大岡山キャンパス 南6号館3階 308
学内便 S6-7
電話:03-5734-7645
オフィスアワーは9:00~12:00、13:30~17:00
学内〆切
2019年8月27日(火)11時必着(学内便も同様) 
※面接を2019年8月30日(金)午後に実施するので、予定を空けておくこと。

フランス政府奨学金 BGFパートナー

フランス政府奨学金 BGFパートナー
概要
BGF(Bourses du Gouvernement Francais)はフランス政府による外国人留学生向けの奨学金であり,その中で日本の学生向けに創設された制度が「BGF Partnaire」(ベー・ゼー・エフ パートナー,以下「BGFパートナー」という)です。日本の既存の奨学金を受給する学生を対象として以下の追加支援が行われます。
<支援内容>
  • 往復航空券(日本-フランス間)
  • フランスでの学生完全社会保険
  • フランスの大学の登録料負担
  • Campus FranceのEtudes en France登録料
  • 国立の学生寮への優先入寮
詳細はこちら https://www.institutfrancais.jp/ifjapon/universitaire/
募集要項
応募書類等

<応募書類>

  • 願書 xls
  • 履歴書

  • 研究・留学計画書

  • 語学力証明書

  • 大学学部以降現在までの成績証明書

  • (本学の留学プログラムにより留学する場合)プログラムの学内選考応募時提出書類の写し

  • (本学協定校以外への留学を希望する場合)承諾書

  • 日本の既存の奨学金を受給できることがわかる書類(受給証明書等。選考中の場合は、選考中であること、奨学金の内容及びスケジュールがわかる書類)


    学内の選考委員会による選考を経て,推薦者を決定する。その後,フランス大使館による面接選考を経て本奨学金給費の合否が決定する。大学からの推薦を得られたとしても必ず合格できるものではないので留意すること。
提出先・問合せ先
1. 留学生交流課へ直接持参(南6号館3階308)
2. 学内便(メールボックスno:S6-7)
e-mail: hakenryugaku@jim.titech.ac.jp
電話:03-5734-7645
学内〆切
2019年5月27日(月)15時必着(学内便も同様)
※面接を2019年6月3日(月)午前に実施するので、予定を空けておくこと。
※書類不備、もしくは提出〆切を過ぎての応募は受け付けませんので、注意して下さい。
※応募にあたっては、余裕をもって準備すること。

JEES・三浦郁奈子女性大学院生研究留学支援金

令和2年度JEES・三浦郁奈子女性大学院生研究留学支援金(大学推薦)
概要
本支援金はロボット工学を志す女性研究者育成のため,海外の教育・研究機関で研究する日本人女子学生を支援することを目的として創設された。
令和2年4月に本学博士課程(正規課程)に在籍予定の日本人女子学生であり,3ヶ月以上6ヶ月以内の期間,募集要項に記載する国,地域に渡航し研究を行う者を対象とする。
本支援金の設立の趣旨,応募要件の詳細等は学内募集要項を確認すること。
募集要項等

    【募集要項】

学内募集要項PDF

【提出書類】
※詳細は募集要項をよく確認すること
※学内選考に合格した場合,財団への推薦までに短期間で書類を用意する必要があるので予め留意の上応募すること
  • 1. 学内申請書xls
  • 2.研究計画・志望理由書word
  • 3.語学力証明書
  • 4.学士課程以降現在までの成績証明書
  • 5.受入れ先のホスト研究者の直接の了解を得たエビデンスメールの写し(受け入れ決定済みの者)
  • 6.プログラムの学内選考応募時提出書類の写し(本学の留学プログラムにより留学する場合)

提出先・問合せ先
学務部留学生交流課 派遣担当
大岡山キャンパス 南6号館3階 308
学内便 S6-7
電話:03-5734-7645
オフィスアワーは9:00~12:00、13:30~17:00
学内〆切・学内選考日時
【学内応募〆切】 2019年11月1日(金)15時
【学内選考日時】 2019年11月8日(金)午後
※大岡山キャンパスにて実施

日本学生支援機構 海外留学支援制度(大学院学位取得型)

2020年度募集についての情報がJASSOより公開されたため募集を行います。

2020年度海外留学支援制度(大学院学位取得型)募集 
概要

独立行政法人日本学生支援機構(以下JASSOとする。)海外留学支援制度(大学院学位取得型)による支援を受けて、海外の大学にて修士または博士の学位取得を目指す学生を以下の通り募集する。

※本学在学生については、本学が申請書類を取りまとめ、JASSOへ申請します。学内選考は行いません。卒業生については、本学でのとりまとめは行いませんので、各自で直接、JASSOに個人応募してください。

※海外留学支援制度(大学院学位取得型):
 https://www.jasso.go.jp/ryugaku/tantosha/study_a/long_term_h/2020.htmlouter

募集要項等
学内〆切
2019年10月16日(水)午前9時必着
提出先・問合せ先
学務部留学生交流課 JASSO(大学院学位取得型)担当
大岡山キャンパス 南6号館3階308, ポスト番号:S6-7
e-mail: ryu.kor1@jim.titech.ac.jp

※メールの件名について、提出の際は「JASSO大学院学位取得型2020応募 氏名」、問い合わせの際は「JASSO大学院学位取得型問合せ」として下さい。
※メール以外の書類については、JASSOの作成記入要領に従って提出してください。
※受領後、10月18日(金)までに受領確認のご連絡をいたします。万が一連絡がない場合はお問い合わせ下さい。

日本学生支援機構第二種奨学金・有利子貸与型

T3
日本学生支援機構第二種奨学金(短期留学)・有利子貸与型
募集要項等詳細
T4
日本学生支援機構第二種奨学金(海外)・有利子貸与型
募集要項等詳細
  • その他(過去に応募のあった奨学金):留学生交流課(南6号館3階)で閲覧可能