海外渡航時の安全確保に関する注意喚起について

1. 滞在先の日本国大使館又は総領事館の住所及び電話番号をあらかじめ確認すること。

2. 学内の関係部署(指導教員又はプログラム担当者等)の連絡先を確認するとともに、次を知らせておくこと。

   ・渡航日程

   ・渡航中の連絡先

   ・家族等の連絡先

3. 大学が安否確認を行った際には迅速に対応すること。

  なお、3ヶ月以上海外に滞在する場合は、緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。3か月未満の旅行や出張などの際には、海外滞在中も安全に関する情報を随時受け取れるよう、「たびレジ」に登録してください。

  ・在留届http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/

  ・「たびレジ」https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

また、出張や留学の場合は、大学に旅行伺い又は留学願いを提出してください(詳細は以下)。

*************************************************

外務省海外安全ホームページ< http://www.anzen.mofa.go.jp/ >で提供される「危険情報」 に対する、本学の対応は次表の通りです。

レベル

危険情報

本学の対応

レベル1

十分注意してください。

実施、継続するが、注意を払う。

レベル2

不要不急の渡航は止めてください。

延期もしくは中止を基本方針とする。

レベル3

渡航は止めてください。(渡航中止勧告)

中止、途中帰国。

レベル4

退避してください。渡航は止めてください。
(退避勧告)

即時中止、途中帰国。

注:「危険情報」の4段階のカテゴリーの表記は、2015年9月1日から上記のとおり改められました。



これから海外渡航する方への注意事項

  • 下記の書類を事前に担当部局に提出する。

    ・出張の場合:旅行伺(各研究科・学系事務グループへ)

    ・留学の場合:留学願(大岡山教務課、すずかけ台学務課へ)

  • 日本国外務省海外安全ホームページ等で海外安全情報を事前に確認する(特に各地の「テロの脅威や暴動等に関する注意喚起」を慎重に確認する)。また、欧米諸国の自国民旅行者への情報も活用する。
  • 家族・知人に旅行日程や渡航中の連絡先を残し、こまめに連絡を取る。
  • 日本大使館、総領事館等の現地の緊急連絡先を事前に確認する。
  • 海外旅行保険等に加入する。
  • 渡航先によっては予防接種やワクチン接種等が必要な場合があるので,日程に余裕を持って、必要事項を確認する。

    ・厚生労働省検疫所FORTHホームページ: http://www.forth.go.jp/

    ・国立国際医療研究センタートラベルクリニック:http://www.travelclinic-ncgm.jp/

参考情報

○留学手続き:https://www.titech.ac.jp/enrolled/abroad/procedures/index.html

安全な海外渡航のための注意喚起とお願い PDFInformation for Your SafetyPDF

東工大生のための安全な海外渡航の手引きPDF

外務省 海外安全劇場outer

【本件に関する問い合わせ先】
・学務関係:教務課(大岡山)、学務課(すずかけ台)
・留学プログラム関係:各プログラム担当者
・その他:留学生交流課 交流推進グループ

(電話:03-5734-7645  Eメール:ryu.kor@jim.titech.ac.jp