シーズンプログラム

更新日 2019年7月31日

サマープログラムやウインタープログラム等、海外大学が各季節に実施しているプログラムをご紹介します。

プログラム一覧

詳細

IDEA League

IDEA League Summer School
概要

IDEAリーグの加盟大学5校より、大学院生を対象としたサマースクールの案内が届きましたので、下記の通り学内募集を行います。今回募集するサマースクールの本学からの推薦者は、学内選考(面接)により決定し、最終的な参加の可否は主催大学により決定されます。本サマースクールは、IDEAリーグ加盟大学(デルフト工科大学、ミラノ工科大学、スイス連邦工科大学チューリッヒ校、アーヘン工科大学、シャルマーズ工科大学)の学生を対象として開催されるものですが、ASPIREリーグ加盟大学(香港科技大学、韓国科学技術院(KAIST)、南洋理工大学、清華大学、東京工業大学)の学生を対象として参加の招待があったものです。

対象者
本学修士課程、または博士後期課程に在籍する者
ミラノ工科大学、シャルマーズ工科大学のサマースクールについて博士後期課程のみ)
※ミラノ工科大学のサマースクールへの応募要件が変更になりました。
派遣先
オランダ・デルフト工科大学
イタリア・ミラノ工科大学
スイス・スイス連邦工科大学チューリッヒ校
ドイツ・アーヘン工科大学
シャルマーズ工科大学
期間
2019年7月~10月(各プログラムによって異なる)
奨学金・経費

渡航費用、海外旅行保険、現地での交通費、その他個人的な活動にかかる経費は自己負担。
※渡航費用等の一部を本学が支援する場合があります。(外国人留学生は、原則、私費の正規課程在籍者が支援の対象となります。)受講料・宿舎費・食費・スタディートリップ参加費等、サマースクール参加にかかる費用はサマースクール主催大学が負担。

募集人数
各プログラム1名
締切日
2019年5月10日17時(厳守)
募集要項

募集要項PDF
1. 海外派遣プログラム願書excel
2. 成績証明書(和文または英文、学部から現在までのもの)
3. 語学試験(TOEIC, TOEFL等)の成績証明書(原本)の写し

備考

提出方法:下記のいずれかとして下さい。
1) 国際部国際連携課へ直接持参(南6号館3階301B)
2) 学内便(メールボックスNo:S6-6)
面接(英語)により推薦者を決定します。5月23日(木)に面接審査を予定しています。最終的な参加決定は、サマースクール主催大学が行います。本学からの推薦者が参加できない可能性があることを了承の上、応募を検討してください。

問合せ先

国際連携課 企画・調整グループ
Tel: 03-5734-3016
Email:aspiretokyotech@jim.titech.ac.jp
※問い合わせの際は、メールの件名を「IDEA リーグ(○○大学)サマースクール」とすること。

IDEA League Doctoral School on Transiently Powered Computing
概要

IDEAリーグの加盟大学、デルフト工科大学より、博士課程の学生を対象としたスクールの案内が届きましたので、下記の通り学内募集を行います。同スクールでは、国際的な専門家による講義を受講し, ハッカソン(グループでのプログラムコーディング)に参加、 また,自身の研究についてポスター発表を行います。同スクールの参加者は、IDEAリーグ*1、ASPIREリーグ*2加盟大学を含む世界中の大学の博士課程の学生および若手研究者との交流を深めるとともに、将来的な共同研究のパートナーとのネットワークを拡げることが期待されます。
*1 IDEA League: デルフト工科大学、ミラノ工科大学、スイス連邦工科大学チューリッヒ校、アーヘン工科大学、シャルマーズ工科大学の5校で構成されたコンソーシアム。
*2 ASPIRE League: 香港科技大学, 韓国科学技術院, 南洋理工大学, 清華大学及び東京工業大学の5大学 をメンバーとして2009年に設立されたコンソーシアム。

対象者
本学所属の博士課程の学生
派遣先
オランダ・デルフト工科大学
期間
2017年11月8日~10日(3日間)
奨学金・経費

航空費、海外旅行保険、現地での交通費、その他個人的な活動にかかる経費は個人負担。受講料、宿舎費、食費(朝食を除く)、現地での当プログラム参加にかかる費用はデルフト工科大学が負担する。※渡航費等の費用の一部を本学が支援する。(※外国人留学生は、原則、私費の正規課程在籍者が支援の対象となります。)

募集人数
1名
締切日
2017年7月14日
募集要項

募集要項PDF
1.Application FormWord
2.成績証明書(原本:学部、修士課程を含む現在までのもの)
3.語学試験(TOEIC, TOEFL等)の成績証明書(原本)の写し

備考

提出方法:下記のいずれかとして下さい。
1) 国際部国際連携課へ直接持参(南6号館3階301B)
2) 学内便(メールボックスNo:S6-6)
応募者から提出された書類に基づき、書面審査を実施、また、7月19日(水)に面接(英語)審査を行うので、予定を確保しておくこと。本学からの推薦者は、学内選考(面接)により決定し、最終的な参加の可否はデルフト工科大学により決定されます。

問合せ先

国際連携課 企画・調整グループ
Tel: 03-5734-3016
Email:aspiretokyotech@jim.titech.ac.jp
※問い合わせの際は、メールの件名を「IDEA League Doctoral School問合せ」とすること。

協定校シーズンプログラム

協定校ウィンタープログラム 2020春 参加者募集 (トレント大学)
概要

本学協定校のウィンタープログラムに参加する学生に対し,手続き支援,奨学金及び単位付与による支援を行います。


対象プログラム 

イタリア・トレント大学: Winter School on Physics of the Cell

対象者

本学の正規課程に在籍する学士課程4年生と修士課程学生。

物理、化学、生物学、数学等の素養のある者。

TOEFLiBT72または TOEIC785以上の英語能力。

派遣先
イタリア
期間
2020年1月19日~2月1日(2週間)
経費・奨学金

参加費: 450ユーロ (含:授業料、宿舎費、昼・夕食)

※参加費に含まれないもの:航空運賃、海外旅行保険、現地交通費等

奨学金: 8万円(受給要件あり)

募集人数

奨学金の支給対象者として5名程度

締切日
2019年9月6日17時必着
募集要項

募集要項PDF

1.申請書Word

2.ビザの必要性の有無、必要がある場合、申請状況が分かる書類

3.語学試験の成績証明書(原本)の写し

備考

提出方法:以下のいずれかとしてください。

・所定の応募書類を作成し、留学情報館(南6号館4階405号室)へ直接持参

・学内便(S6-9)で送付

応募者から提出された書類に基づき、書類選考を行う。

問合せ先

留学情報館
Tel: 03-5734-3433
Email:ghrd.sien@jim.titech.ac.jp

協定校サマープログラム2019 本募集
概要

2019年に本学協定校のサマープログラムに参加する学生を募集します。手続き支援、奨学金及び単位付与による支援あり。


対象プログラム 

米国・ カリフォルニア大学バークレー校: Berkeley Summer Sessions

米国・ カリフォルニア大学サンタバーバラ校: UC Santa Barbara Summer Sessions

カナダ・ ブリティッシュコロンビア大学: UBC Vancouver Summer Program

英国・ ケンブリッジ大学: Science Summer Programme

ドイツ・ アーヘン工科大学: Engineering Summer Schools

ドイツ・ ベルリン工科大学: Summer University

シンガポール・ 南洋理工大学: GEM Trailblazer Short Term Summer Programme

中国・ 浙江大学: ZJU Scholars Summer Research Program

中国・ 中国科学技術大学: USTC International Summer Camp on Advanced Sciences and Chinese Culture Heritage

台湾・ 国立台湾大学: NTU Summer +

韓国・ 高麗大学: International Summer Campus

対象者

・本学の正規課程に在籍する学士課程学生・修士課程学生

・TOEIC550 点以上またはそれ相当の英語力を有するもの

ただし、各プログラムで別途、学年・専門分野・語学力等の条件を指定している場合はそれを満たすこと。

派遣先
米国、カナダ、英国、ドイツ、シンガポール、中国、台湾、韓国
期間
プログラムによる。2019年5月~8月の間で2~10週間

※履修科目の試験日程と留学期間が重ならないことを、応募前に確認すること。 (留学は追試験実施理由の対象外)

奨学金・経費

プログラムによって異なる。

本学の推薦を受ければ授業料が無料になるプログラムや派遣先大学の奨学金を受給できるプログラムがある。

募集人数

20名(本募集合計)

締切日

2019年2月18日17時 (浙江大学)

2019年3月18日17時 (南洋理工大学授業料免除枠、高麗大学)

2019年4月5日17時 (6月開始プログラム)

2019年4月15日17時(中国科学技術大学)

2019年4月18日12時 (国立台湾大学授業料免除枠)

2019年5月13日17時 (7月開始プログラム、中国科学技術大学追加募集枠)

2019年6月7日17時 (8月開始プログラム)

募集要項と
提出書類

3月26日、中国科学技術大学プログラムと国立台湾大学プログラムの募集締切を延長しました。

3月27日、コース詳細の7月開始分プログラム応募締切を5月13日に修正しました。

4月3日、手続き支援会についての情報を追加しました。

4月22日、中国科学技術大学プログラムの追加募集を開始しました(応募締切:5月13日)。

募集要項・コース詳細PDF

提出書類

1.申請書Word

2.ビザの必要性の有無、必要がある場合、申請状況が分かる書類

3.語学試験の成績証明書(原本)の写し(語学試験の成績証明書がない場合は問い合わせること。)

4.成績証明書(該当者のみ)

備考

提出方法:以下のいずれかとしてください。

・所定の応募書類を作成し、留学情報館(南6号館4階405号室)へ直接持参

・学内便(S6-9)で送付。上記の締め切り必着。

プログラムによっては面接を行う。面接日時については募集要項を確認すること。

問合せ先

留学情報館
Tel: 03-5734-3520
Email:ghrd.sien@jim.titech.ac.jp

協定校サマープログラム2019 第1次募集
概要

2019年に本学協定校のサマープログラムに参加する学生を募集します。手続き支援、奨学金及び単位付与による支援あり。


対象プログラム 

スウェーデン・ リンシェーピン大学: Summer Academy

中国・ 香港科技大学: International Summer Exchange Program

シンガポール・ シンガポール工科デザイン大学: International Undergraduate Research Opportunities Programme ( iUROP Max)

ドイツ・ ハノーバー大学: Science & Engineering Research Projects

対象者

・本学の正規課程に在籍する学士課程学生・修士課程学生

・TOEIC550 点以上またはそれ相当の英語力を有するもの

ただし、各プログラムで別途、学年・専門分野・語学力等の条件を指定している場合はそれを満たすこと。

派遣先
スウェーデン、中国、シンガポール、ドイツ
期間
プログラムによる。2019年5月~8月の間で2~10週間

※履修科目の試験日程と留学期間が重ならないことを、応募前に確認すること。 (留学は追試験実施理由の対象外)

奨学金・経費

プログラムによって異なる。

本学の推薦を受ければ授業料が無料になるプログラムや派遣先大学の奨学金を受給できるプログラムがある。

募集人数

9名(第1次募集合計)

締切日

2019年1月15日17時 (ハノーバー大学)

2019年2月8日17時 (リンシェーピン大学、香港科技大学、シンガポール工科デザイン大学)

募集要項と
提出書類

募集要項・コース詳細PDF

1月15日、シンガポール工科デザイン大学の受入教員リストを以下に掲載しました。

シンガポール工科デザイン大学プログラム 受入教員リスト

提出書類

1.申請書Word

2.ビザの必要性の有無、必要がある場合、申請状況が分かる書類

3.語学試験の成績証明書(原本)の写し(語学試験の成績証明書がない場合は問い合わせること。)

4.成績証明書(該当者のみ)

備考

提出方法:以下のいずれかとしてください。

・所定の応募書類を作成し、留学情報館(南6号館4階405号室)へ直接持参

・学内便(S6-9)で送付。上記の締め切り必着。

プログラムによっては面接を行う。面接日時については募集要項を確認すること。

問合せ先

留学情報館
Tel: 03-5734-3520
Email:ghrd.sien@jim.titech.ac.jp

協定校が行うシーズンプログラム(個人応募)

国立成功大学(台湾)サマープログラム
派遣先

台湾

期間

2019年8月2日~8月15日(開始日が本学の試験日と重なっているが、相談可)

奨学金・経費
申請費用200ドルのみ自己負担
締切日
2019年6月21日
募集要項

国立成功大学URL参照 http://summerschool.web2.ncku.edu.tw/

備考

※申請後、留学生交流課 派遣担当 hakenryugaku@jim.titech.ac.jpに申請した旨、必ず連絡をすること。

※本学が指定する海外旅行保険(危機管理サービスあり)<補償内容は治療・救援費用が3,000万円以上、個人賠償責任が1億円とする。>に加入すること。